コンテントヘッダー

お笑い沖縄ガイド

昨日、勤め先に近い売店で、「お笑い沖縄ガイド」(小波津 正光 著)を見つけ、いつも表紙を見て素通りしていたんですが、パラパラめくると、かなり面白そうに思えてきたので、さっそく買って読みました。

はじめには、米軍基地に入った体験が載っていました。(自分も入ったことありますが、確かに、ここはアメリカ!といわんばかりのスペースの使い方がすごいですし、食いもんもジムなどの福利厚生も違う、受ける豊かさが違うというか、人間としてのランクが違うのかな、と感じたりしてました。まあ、向こうも兵役についてるから、あれがアメリカンスタンダードではく、ある程度は優遇されているんでしょうけど。)

また、沖縄市にある「オーシャン」なるカフェ・バーで、往年タコス作りの達人のおばさんの話を聞いたり、そこでハーフ(今の表現ではミクス)の子供たちの面倒を見ている元アメリカ兵の話が出たり、国籍、人種を超えて、「沖縄の荒さ」みたいなものを生きこなしている人間模様が、なんともこう、たくましく美しくて印象的でした。

そして、筆者が、親の病気の面倒を見ながら、自分は親のおかげでやっと食っていけるようになったと言って、支えてくれた親と家庭、親族に感謝しているくだりがありました。そこに沖縄の、えもいわれぬ若い世代の貧しさと親族とのつながりを表されているように感じました。

そして最終章で著者の嫁の、旦那を思い共同生活する、苦しさを出さないたくましさ、やさしさが描かれれおります。

つい、怒涛のように感想を書き連ねてしまいましたが、もう1箇所だけ感想というか解説を書かせてください・・。

あとがきでは、沖縄の人が「亡くなった人といつまでもつながっている」と考え、「新しく生まれる命に対しては純粋に歓迎する」から、貧しくても子供を産む。そして生活が貧しくても、「今ある命に感謝し明るく笑って生きている」と沖縄の人生観のようなものを説明しており、そこはかなりポイントを突いてるのではと思いました。

・・さらに、上記感想に至った理由・背景を書けば、本1冊くらいになってしまうと思うのですが・・。
ともあれ、沖縄の30代くらいの典型的な生活、心情が非常に闊達なテイストで描かれていて、味のある沖縄本だと思いました。

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

友遠方より来る

8月7日夜、友(正確には相棒の友)が遠方より、ここ沖縄にいらっしゃいました。
東京から単身で来たとのことだったので、那覇で約3名で宴を開きました。

話を聞くと、日本史で神話を主に研究していた方だそうで、
理系のそれと違って、神話研究は、研究者で史実との関連付けがぜんぜん違ってくるから、研究内容は検証可能というより、ロマンチックなテイストがある、みたいなことを言っていました。夢があっていいなと思いました。

そんな中で、自分も、昔読んだものを思い出しながら、
イザナギ、イザナミの体の穢れから神様が出る話は、西洋では考えにくい展開でおもしろいね。とか、スサノオがアマテラスに嫌がらせで泣きわめいたり、う○○を神殿に撒き散らすなど、なんというか、下品趣味に目覚めた子供の所作みたいな原初性が普通に出ているのもおもしろいと思う、などと話しました。体のパーツが月や山になったり、いろいろ生成されるのは、中国の盤古っぽいとか。あれは独特のグロさがあるので映像化するときつそうだとか・・。

そのあと、話は変わって、沖縄では、辻という遊郭に家計の事情で売られた娘がいたとか、離島では、人口が少ない地域に人を分けたりしたので、そういった理由で引き離される悲恋の歌が残っていたりして興味深い、などと話しましたら、歌を聞いてみたい、民謡バーはどこにあるの?と言っていました。
当然、俗っぽい話も大量にしましたが、まあ省略ということで・・・。

とりとめのない話で、かつ飲み放題で結構フラフラになりましたが、楽しい1日でした。
このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR