コンテントヘッダー

9月19日安保法成立を受けて、今後の課題について

当分テレビ放送されなくなると思いますので、ちゃんと忘れないように、下記に記事がありましたので示します。

安保法案「成立」を受けて- 今後の4つの課題
4つの課題 1,この「法案成立」の有効性。2,一内閣で憲法解釈を変えた安倍政権の政治責任 3,国民の監視と国会の関与が今後重大な事 4,今後は、実態に合わせて憲法を変えようという「なし崩し」的改憲論が浮上する可能性がある。などが書かれています。

安保法案「成立」を受けて- 今後の4つの課題

2015年9月19日
川崎哲(集団的自衛権問題研究会代表)

 本日未明、参議院本会議で安保法案が「成立」した。国会前に集まる人々の声、全国に広がるデモや世論調査で示された国民の反対、野党の申し入れなどすべてを無視した強行的な手法によるものであった。この法制は、その内容のみならず、
それを成立させようとする政治過程じたいが戦後日本の平和主義と民主主義を根底から揺るがしている。そのことを本研究会はもとより、多くの学者、有識者、ジャーナリストたちが警告し続けてきた。

 それにもかかわらず、法案「成立」という事態を迎えた。今後、日本の国民と政策立案者が共に向き合わなければならない課題を4つ掲げたい。

 第一の課題は、この「法案成立」の有効性を問うことである。この法案は憲法違反であることが多くの学者によって指摘されてきた。また、強行採決が無効だとの法律家の指摘もある。今後「違憲訴訟」が提起されるべきである。裁判所での徹底的な違憲審査を通じて、傷つけられた日本の立憲主義を回復していく必要がある。

 第二の課題は、安倍政権の政治責任を問うことである。40年以上にわたって歴代内閣が維持してきた憲法解釈を一内閣の閣議決定によって大転換し、反対論を押し切って法案を一気に強行採決した安倍政権に対して、国民自身が審判を下す必要がある。来年夏の参議院選挙は、この問題を争点とするものでなければならない。

 第三の課題は、この法制の施行と運用をめぐる問題である。この法制は、自衛隊が米軍等と共に海外で武力行使することを可能とするものである。しかしそれがどう実施されるかは、政府の運用しだいであるばかりでなく、国民の監視と国会の関与によって大きく左右される。

 この課題はさらに、二つの次元に分かれる。一つは、集団的自衛権の行使として自衛隊が出動し武力行使をするというシナリオである。これについては「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」に限るとされ、さらに、「他国を防衛するための武力の行使それ自体を認めるものではない」ともされた。とすると、個別的自衛権の発動以外にいかなる状況でそのようなことが可能なのかは甚だ疑問である。政府はこの点を明確にできていない。引き続き追及が必要だ。

 もう一つは、いわゆる「平時」における自衛隊の活動の拡大に関してである。安保法制は、さまざまな事態で自衛隊がこれまでよりも格段に前面に出ることを可能にした。そのことで「戦争を未然に防ぐ」ことができるというのが、推進側の主張だ。しかし、中国、北朝鮮、国際テロなどいずれの問題をとっても、日本で法制度が変わったからといってこれらの脅威が減るわけもない。問題は、日本が実際にどのように行動するかである。その行動いかんで、脅威はむしろ高まることもあるし、衝突や戦闘の危険性を生むことさえあるのだ。

 尖閣諸島では、自衛隊の行動が迅速化される。南シナ海では、自衛隊と米軍の共同警戒活動が計画され、そこでは自衛隊による平時の米艦防護が可能とされる。
さらには、自衛隊が紛争地で任務遂行のために武器を使用することが可能となり、その使用基準が策定されていく。これらの運用を一歩間違えば、自衛隊の行動自体が引き金を引いて、取り返しのつかない事態となる。たとえ戦争と宣言されない状態でも、事実上の戦死者は生まれる。その危機感をもって、今後の政府の行動を監視しなければならない。

 憲法9条は、非軍事的な問題解決を国の基本原則と宣言している。戦争防止の基本は、外交と平和的解決である。そのことは何度強調しても強調しすぎることはない。

 最後に第四の課題は、明文改憲問題である。安保法案に対する批判の中には、憲法を変えずに解釈変更で進めるその手法に対するものが強かった。ならば今後は、自衛隊が海外で活動できるようになったのだから、実態に合わせて憲法を変えようという「なし崩し」的改憲論が浮上する可能性がある。元来、安倍自民党は憲法改正を重要課題として強く掲げてきた。政権が明文改憲への歩みを加速させることは十分に予想される。

 いずれの課題に関しても、議論と意思決定の主体は、政権や国会の枠内でおさまるものではない。主権は国民にある。国会前そして全国に広がったデモの波は、日本の民主主義の積極的な可能性を示している。その動きは、世界的にも注目されている。21世紀の日本の行方を左右するこれら重要課題に関して、国民的な議論と参加型民主主義の発展が求められている。

(以上)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

シールズ奥田さんの公聴会コメントについて

民主党の実力者福山哲郎氏をして、「彼らの感性はひょっとしたら我々の時代とは違っているかもしれない。僕は、この国の民主主義に、彼らの感性に、可能性を感じています」とまで言っています。下記を見ると、次世代の感性、次の次代を担う感覚を確かに感じます。ので示します。福山さんの演説も載せたいと思います。

集団的自衛権問題研究会 9月16日中央公聴会ダイジェストより
下記は概要ですが、全文リンクも示しておきます。

◆奥田愛基(SEALDs)
「先ほどから寝ている方が多いが聞いてほしい。僕も眠れていないので帰って寝る。SEALDsは10人ほどから始まった。10万人を超える人が国会前に集まった。全国2千ヶ所以上で数千回の抗議、累計130万人以上が路上で抗議した。その他にも集会や行動が。全国で人々が立ち上がっている」

「政治的無関心と言われた若い世代が、いわゆる動員的発想でなく主体的に個人として立ち上がった。「騒ぎたいだけ」「若気の至り」「一般市民のくせに」などと批判されたが、なぜ声をあげるかと言えば「不断の努力」なくして憲法や民主主義は機能しないと自覚しているからだ」

「私たちこそこの国の主権者であり、声をあげるのは当たり前。今やデモは珍しいものではないと空気を変えた。一人ひとりが思考し、何が正しいかを判断し、声をあげることこそ民主主義。先日、予科練で特攻隊通信兵だった方に会った。今の私たちの年齢で戦争を経験された。安保法制への強い危惧を受け止めたい」

「不安や反対の中での採決は戦争体験者の思いを軽んじ、70年の不戦の誓いを裏切るものだ。先の大戦で犠牲になった人々の思いをつなげたい。そうした思いを持つ国会前の巨大な群像の一人として国会に来ている。政府が説明した結果、支持率は落ち反対世論が盛り上がった。総選挙はアベノミクスが争点ではなかった。国会答弁がきちんとできない法案を作るなど聞かされてはいない」

「政府は法的安定性の説明を途中で放棄してしまったようだ。翌日に前日と全く違う答弁を行い、何度も速記が止まる。どうやって国民は納得すればいいのか。国民的世論はSEALDsが作り出したのではない。この状況を作っているのは紛れもなく与党の皆さんだ。答弁や首相の理解しがたい例え話を見て声をあげている」

「金沢の主婦が文字起こしした国会答弁が1万人にシェアされた。なぜなら不安だったからだ。なぜ夏までに通さなければならないのか、なぜ11本の法案を2本にしたのか、全く納得いかない。9月末まで会期を延ばしても国民の理解は得られなかった。結論は出た。今国会の可決は無理だ。廃案にするしかない」

「相対的貧困が5人に1人の超格差社会。経済成長も期待できない。政治に絶望してしまうような議会運営はやめてほしい。政治生命を賭けるというが、国民一人ひとりの生命と比べてはいけない。「義を見てせざるは勇なきなり」。冷静に把握して今国会での成立を断念することはできないのか。
自由と民主主義、この国の未来のために考え直してほしい」

「参考にしてほしいことがある。強行採決されれば各地で声が上がり、連日国会前は溢れかえる。次の選挙にも影響を与える。野党は本当にできることを全てやったのか。新しい時代は始まっている。もう止まらない。声をあげるのは日常の一部になった。政治のことを考えるのはこの国に生きる個人の不断の努力だと、困難な4ヶ月で実感できたのが私の希望だ」

「どうか政治家も個人でいてほしい。たった一人の個で。一人ひとりの正しさに向かい勇気を出して判断をしてほしい。政治家とはどうあるべきか考え、民の声を聞いてほしい。勇気を振り絞り、あなたにしかできない尊い行動を。日本国憲法はそれを保障し、私はそれを支持する。困難な時代にこそ希望がある。私は自由で民主的な社会を望み安保法案に反対します」

中央公聴会他の方の発言(抜粋)
◆濱田邦夫
「近隣諸国の日本叩きは国内事情の側面が強い。それに乗っかった海外派兵や軍備強化は、近隣国の口実となり、挑発や軍備強化の悪循環に陥る。
70年で培った平和国家としての技術・経済力、調整能力を守ることがよほど重要だ。海外の人道平和目的で活動している人のみならず一般企業にもマイナスだ。得になることはない」

◆松井芳郎(名古屋大学名誉教授)
「集団的自衛権の考え方の原型の一つが、海外利益を守るための戦争を主張した英国だ。また、中南米の権益を主張した米国のモンロー主義もそうだ。実は日本も満州国という教科書的な傀儡国家を作り同様の主張をした。
集団的自衛権は帝国主義的権益を守るために考え出された概念だ。今日本がその方向に行くのは危険だ」
このページのトップへ
コンテントヘッダー

民主党福山哲郎氏の9月19日の安保法国会採決に直前の演説について

下記、解説も優れていたのでそのまま掲載しますが、「半歩前へ」というブログから転載ですがこの機会に見ていただけたらと思います。

きっと、岡田さんたちも同じような気持だったかたと思います。2009年の政権交代で誕生し、かなり立派なマニフェストを今でも持つくらいの政策立案能力を持つ民主党。

鳩山内閣成立後は、閣僚が代わる代わるアメリカワシントンでさんざん脅され(安保を破棄していいのか!と。しても大丈夫と思いますが。)
まずこの脅しで閣僚も途中でばらばらになり、
合わせ技の官僚サボタージュ、
マスコミによる鳩山つぶし(どこの国に、自分たちが投票した国民の期待を受けてがんばろうとしている人たちを、「ルーピー」だとか外国記者の一言だけを過剰にプリズム拡大、流布し、またそれを安易に信じる国民がいるでしょうか。
「ただメディアがそう言ったから」「イメージで」日本を良くしようとしていた人をつぶす、そのツケが回ってきたのでは、と思います。日本人は、報道をそのまま復唱しすぎです。腹話術じゃないんだから。

シオン議定書などの裏マニュアルがあるとすれば、「人間は、生来、自分が認められたいという不満を持っており、他者への不満、暴力、嫉妬を見せると、攻撃心が刺激されやすく、そこを刺激すれば、無意識に、勝手に攻撃へ集団で動く」などと書かれているんでしょう。
いいかげん情けなくも無意識な、むき出しの攻撃心、ほめられたいだけの攻撃心を出してぬけぬけとするのは卒業した方がいいのではないでしょうか。)

「堂々としている」「決めるときは決める」な様子がかっこいい、などと場面のイメージだけに左右されないこと、発言内容、政策内容を見て、それがどんな将来を招くのかを、真剣に吟味することもやってほしいです。

半歩前へ ブログより
▼琴線に触れた福山の演説
 19日未明の参院本会議での民主党、福山哲郎のスピーチは近年、まれにみる演説だった。特に後半の、政治と真剣に向き合っている若い世代の姿を取り上げたくだりは、聞く者の心を強くとらえた。

 同じころ、国会の外で戦争法案反対を訴えていた学生の中には、福山の演説に感極まって涙する者もいた。もとより国会は言論の府だが、琴線に触れるような話を聞くことはめったにない。久しぶりに心のこもった演説を耳にした。「政治家、福山哲郎」を世に知らしめる名演説だった。

 福山演説の一部をここに紹介する。
**************************

残念ながらこの法案(戦争法案)は、きょう採決されるかもしれない。しかし、私は試合に負けても、勝負に勝ったと思います。私は国会の外と、国会の中で、
これほど国民と政治が繋がった経験をしたことがありません。

 単なる私見ですが、奥田さんをはじめとするSEALDsに参加している若者や
子どもたちを抱っこしながら、国会の周辺に来た若い奥さまたちや女性や、そういった人たちは、多感な中学生や高校生の時にあの3・11の東日本大震災を経験していらっしゃいます。

 たとえ被災地でなくても、中学や高校の多感な時期に生きることや、突然家族や仕事や、住んでいるところがなくなる人生の不条理や、さらには原発事故の矛盾に向き合ってきた時代が、SEALDsに参加している若者の世代です。

 彼らの感性はひょっとしたら我々の時代とは違っているかもしれない。僕は、この国の民主主義に、彼らの感性に、可能性を感じています。

 どうか 国民のみなさん、あきらめないでください。闘いは、ここから再度スタートします。立憲主義と、平和主義と、民主主義をとりもどす闘いは、ここからスタートします。

 選挙での多数派などは、一過性のものです。国民の気持ちをどうかずっと、ずっと、矛盾したこのおかしな法案に怒りの気持ちを、なんとかしたい気持ちを持ち続けていただいて、どうか、どうか、闘いをもう一度はじめていただきたいと思います。

 わたしたちも、みなさんの気持ちをしっかり受け止めて闘い続けること、そして安倍政権を、なんとしても打倒していくために頑張ることをお誓い申し上げて、 私の反対討論とさせていただきます。
              
*************************
 同僚の有田芳生はツイッターでつぶやいた。
「民主党は福山哲郎、蓮舫両議員の世代に移行していったほうがいい。福山さんの演説には感動した。理論的理解が感情と一体化しているからだ。だから、言葉が生きている。しかも高貴な激情がある。それらすべてが血肉化している」。

 大半の国民も、有田と同意見に違いない。もう岡田や枝野、前原たちに人を引き付ける力はない。「ハッキリと、 キッチリと、 全力で」・・・他党もそうだが、使い古された言葉の羅列に、人は耳を貸さない。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

即けが人出して危なっかしい、陸上自衛隊の実弾射撃演習「富士総合火力演習」の予行演習について

動画も出ていましたが、いかにも自衛隊のイメージアップな脚色感が強いものです。
仕掛け花火みたいで、いかにも「なまぬるい」雰囲気は伝わるかと思います。
まともな意味で、不安になってきました。

ここまで入念、周到に準備しておきながら、けが人出た原因は調べ中、などと言っていますし、危機管理、危機を想定する基本的な頭の力が弱いのではと思ってしまいます。こんな体制なのに、いけいけどんどんで周りに戦争仕掛けられても、迷惑至極です。
真珠湾よりまずいミステイクしそう。また「(米国に)だまされた」と言うのでしょうか。

アメリカさんの訓練見て自衛官は「すげー、すげー」を連呼していると書いてある本を見たことあります。

(防衛省の頭からすると、こういうのを既成事実化して、毎年の予算取りをアップさせたいのと、安倍首相としては、国民を「訓練慣れ」させたい意図があるかと思います。)

あくまで「離島を奪い返す作戦」としていることから、やはり、南西諸島、特に八重山、宮古地域を中国にいったん上陸させた後、奪回する(その方が労力がかからないとする作戦・説明資料がある)訓練をしていると思われます。

こういう訓練をしている実態からも、「自衛隊は住民を守る」ことはないのが見えてきます。

そもそも自衛隊の役割は「領土を守ること」で、住民保護は市町村の所管となっています。
今回の事故も「軽傷」と強調してますし、有事があれば、絶対ほおかむりすると思います。
国民もガンバレ、耐えろ、俺たちの玉よけになれ、くらいと考えてる様子なので。作戦からも。

陸自富士演習:負傷事故の戦車、実弾やめ空砲に

毎日新聞 2015年08月23日 19時48分(最終更新 08月24日 00時18分)

実弾や発煙弾などが発射された富士総合火力演習=静岡県の東富士演習場で2015年8月23日、町田徳丈撮影

 陸上自衛隊の国内最大規模の実弾射撃演習「富士総合火力演習」が23日、東富士演習場(静岡県御殿場市など)で一般公開された。22日の予行演習で、砲弾付属品の破片で観客2人に軽傷を負わせる事故を起こした最新式の「10式戦車」は、急きょ実弾を取りやめ空砲となった。
 演習の内容は航空自衛隊と連携し離島を奪い返す訓練などで、隊員約2300人、戦車16両、火砲約60門、ヘリコプターなど航空機約20機が参加。約2万5700人の観衆を前に戦車から大砲を発射する様子などが公開された。使われた弾薬は約36トン(約3億9000万円相当)。
 さらに演習後、観客が残っている前で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に所属する米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ1機が上空を飛行した。陸自は2018年度までにオスプレイを配備する予定で、安全性をアピールするため陸自が米軍に飛行を要請していた。【町田徳丈】
このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR