コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

北朝鮮の人工衛星発射予告について

今話題の北朝鮮人工衛星発射予告、PAC-3についてですが、4月12日~16日発射予定とのことで。
 普通にテレビを見ていると、「北朝鮮はやっぱり危ない国だなあ、どうしようもないなあ、日本ももっと強気でいかなきゃ。がんばれ自衛隊。」くらいの意見になるのでしょうか。
 いくらなんでも、「イージス艦とPAC-3の二段階の撃墜システムで日本は安全だ」などと思っている人はいないと思いますが。
 そもそも人工衛星は、長距離弾道弾なので、フィリピン沖に落下することが想定され、日本のへりのはるか上空を飛ぶことになります。万一落ちてきたとしても、ミサイルが正面からぶつかるならまだしも、軌道の読めない落下物に当てることは、不可能です。

 この問題の鍵は、「なぜ、北朝鮮がわざわざ、日本がPAC-3を緊急準備できるくらいのちょうどいい期限設定で、しかも中国に近い地域に人工衛星打ち上げを予告したか」にあると思います。
 
簡単に言うと、「すでに実験等であまり性能の良くないことが分かっているPAC-3を、軍事予算が縮減され苦しいアメリカが、日本などに売りつけて斜陽気味の軍産複合体を少しは浮揚させたい。できればもっといろいろ売りつけたい」ということだと考えます。

 もしその上で人工衛星発射予告をしたとすれば、北朝鮮とアメリカは、武器麻薬などで利益を得ており、利害が一致していると考えられます。2003年にテポドン騒ぎがあったときも、結局、PAC-3を日本と台湾に売りつけたという事実が残りました。日本では押し売りに抵抗して飛ばされたた人もいたようですが。

 最近では、日本は、ユーロファイターより欠陥が多いF-35を買わされ、納期まで遅れています。結局、2019年ごろ導入予定だそうです。このままいくと踏み倒されるなという気もします。まあ、いつものように他の理由で踏み倒しと言われないような踏み倒しをすると思いますが。最近、軍産複合体、駆け込みの売り込みが多いようです。何か慌てています。

今回も、不安を煽るだけ煽って、マスコミも煽って、PAC-3等々を日本中への配備を進めるつもりなのだろうと思います。
 戦争前は、何かと戦費が必要なので、税金アップなどが多いそうですし。消費税アップも殊に要注意です。米国債買ったり、アメリカに貢ぐんでしょうけど。

 文科省が2012年度から、中学生に柔道、剣道、相撲を必修化するそうですが、何やら米軍撤退後をまかなう日本国民の徴兵制に向けた動きのようにもとれます。まずは北海道、沖縄郷土軍、がんばれ、みたいな。
 勝てるわけがない戦争のために。

 橋本市長、元来タカ派の野田総理といい、 数年かけて、国民が気づかぬようにじわじわと、有事への動きを作りたいように見えますが、煽動に乗らず、数年動かないのも、実はとても大切なことだと思います。
 とにかく2012年から2019年は、いろいろ起こるそうですから回避するようみんなの注意が必要です。

 これに関連して、小沢一郎さんも、事前予告はナンセンスと言っています。小沢さんも、暗に、「事前予告つきの攻撃には他の意図がある」と言いたげに見えます。

以下4月12日読売新聞から

民主党の小沢一郎元代表は12日、自らが会長を務める勉強会「新しい政策研究会」の国会内での会合で、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射問題をめぐって政府が地対空誘導弾PAC3を沖縄などに配備したことについて、「本当にそういう(武力攻撃)事態になる時は予告なしにくるわけだから、何日もかけてあちこちに運ぶのは全くナンセンスだ」と指摘した。

 そのうえで、「安全保障の在り方が日米関係の最も大きな柱だが、日本政府はしっかりした自らの意見と政策を打ち出せないがゆえに、普天間であれ何であれ、日米間のそごが生じている。皆で議論してもらいたい」と述べた。


スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。