コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

2012年12月22日というアセンション 何が起こるのか

さて、今まで数年来広がっていたアセンションについてですが、かえってマスコミで何も触れないのを見ると、何か大きなことが起こるのかなぁ、と逆に思ったりします。

少し前までは、フォトンだの、隕石だの、映画2012などいろいろ放送されていましたが。
ここまで静かだと逆に気になるので、何が起こると言われてきたのか、書いておきたいと思います。震災も最近多いですし、準備できることはやっておいていいのかと。そして、今後作戦が本格始動するようなので、煽られないように注意です。

選挙前のここ数日、北朝鮮人工衛星発射、震度5弱でしたがかなり煽り気味の(そのあとぴたっと報道が止んだ)津波報道、そして、最近沖縄にUFOが落ちたデマなど、なにか手の込んだ実験・工作を感じますから。

選挙を意識してなのか、これまで弱腰外交をわざとやっていましたが、最近は「日本はもっと強気でいっていいのでは」と街頭の人に言わせるテレビ特集が増えています。マスコミが選挙結果をどうしたいのかが見えます。

また、NSA(アメリカ国家安全保障局)は、「プロジェクト・ブルービーム」なる、宇宙人やキリストなどの画像を空中に投影し、宇宙人が助けて、集まった人々の脳に半導体を入れ、人類家畜化する計画を持っているそうです。(なんとも直接的な管理です。)

一見するとやや突飛ですが、権力者側というのは、なんとなくこういうの好きそうです。
(ベンジャミンさんの本では、決行予定は2012年と書かれています。個人的には、今使うか疑問ですが)
少なくとも、似たようなことはやりかねないので、今後、妙なデマ、投影画像、変な救い画像などに注意と考えます。

では2012年アセンションに何が起こるといわれているのか、列挙します。

イルミナティの幹部だったレオ・ザガミ氏は、2012年のことについて、大変興味深い発言をしています。以下はベンジャミン・フルフォード氏との対話です。
(これが闇の権力イルミナティの内部告発だ 2009年11月 より)

ザガミ 「2012年のアラインメント(地球・太陽・銀河の中心が一直線上に並ぶ現象)はとても大切な瞬間です。人類は新しい発展の局面を迎えます。これまで失敗とみなされてきた文明の形は崩壊し、新しいものが生まれるのです。人々はさまざまなリアクションを起しているのですが、一部の人間は、この瞬間をかなり恐れています。しかし、人類は天上からやってくる何か、と戦うことができるでしょうか

フルフォード 「一体、何がやってくるんでしょうか

ザガミ 「すべての予言が一致していますよね。このアラインメントは、最近出たノストラダムスの新しい予言にも書いてあるし、変化が来ると伝えられています

と、ザガミ氏は核心に触れるのを避けていますが、
イルミナティ的には、惑星、銀河の中心が一直線になり、何かが降りてくるという認識を示しています。

別の本でザガミ氏は言っているのですが、イルミナティとしては、2012年から2019年にかけて、人類を相当数削減する計画があるそうです。(第3次世界大戦、自然災害、致死性ウイルス、その他 によって)
そして、2011年から2012年の2年間は、システム改変時の大規模なパニック、市民の反乱や暴動が世界で発生するでしょう。と書いてました。


そして、この時期のことについて、
水瓶座の時代に2012年12月21日に正式に入る、最初の7年間2012年から2019年は地球が直面する最も大切な時代となる」と言っています。
この日に何かが一気に変わるというより、何かの時代に正式に入っていくといっています。そして、その時期にイルミナティは上記の第3次世界大戦などを考えているようです。

そして、この7年間が、
25920年後に地球の周りの7つの惑星に影響を与えるこの7年間がハビリテーション(能力獲得)の創造に最も重要な時期となる、とのことです。


その他のアセンションについての説明です、エハン・デラヴィさんの説明です。
(超入門 アセンション&2012 エハン・デラヴィ著作より)

「2012年までに、皆さんが知っているすべての常識が根底から覆されるでしょう。驚くような出来事が加速度的に増え続けるでしょう。自分の正気さえ疑う日が来るかもしれません。しかしそうした劇的変化に対応することまでもが、我々のDNAにプログラムとして準備されているのだということもお伝えしておきます」
「われわれは、史上最大の『進化』『変態』のために、心の深いところで準備しておかなくてはならないのです」

ということです。各地の市民反乱、政変など、何か精神的なものも含め、大きな変化の時期かなと思います。

中丸薫さんの説明です。(こんな世の中だからこう生きよう 中丸薫著より)

「2012年12月22日からフォトンベルトに入って、ヌルというところを通るときは、太陽も星々も見えないし、電気も一切つかなくて、暗黒の状態ですね。3日間電気が使えなければ原子炉も解けてしまう可能性もあります(熱が逃げないから。)12月ですからすごく寒いでしょうし、電気が使えない生活が想像できますか。電気釜だし、暖房機も電気です。それをどうしたらいいのかぐらいは、自分達で用意しておく必要があります。暖かいものとか、煮炊きできるカセットコンロとか、水とか食料とかはある程度準備しておく、人間としてできることは全部用意して、あとは心の浄化に努める。」

と言っています。

ただ、それに加えて、さまざまの本を見ると「○○宇宙人が心のきれいな人を助ける」という言説があったりするのですが、
それについては、要は空中携挙で、(神などが、良いキリスト教徒を空中に救い上げること)これは、昔からキリスト教のハルマゲドン言説で、長く語られてきたことですし、何も真新しいことではないです。どうもこの辺は腑に落ちないところがあります。

(例えば、ミケランジェロの「最後の審判」などまさに空中携挙です。あの絵は右回転で、空中に引き上げられる人、地獄へ連れて行かれるものの様子がすごい迫力で示されています。教会の注文で書かれた絵です。
教会にあの絵を掲げることで、「キリスト教を信じないと怖い目に遭うよ。信じれば救われるよ」と字が読めない人にも、教化してたわけです。)

個人的に、「○○教を信じたものは、助かる、他のものは地獄に落ちる」みたいな言説は、人間の自由意志、可能性、尊厳を軽く見てることから、人々の「助かりたい」という欲望に乗っかった脅しだと考えます。
(だったら、とっくの昔に、人類を教化していれば人類の進化終了となりますから。人間のこんなに奥深い自由意志、意識が、ただ教化されるために存在するわけないと思います。)

人間は数千年来いろんな宗教の下にあり、脅され慣れてきました。いろいろな本によると、そういう宗教自体、宇宙人が人々を奴隷のようにするためにつくられたそうです。(現状そんな感じもします。)ある宇宙人にとっては、地球人は家畜であり、搾取対象と考えてるそうなので。
「イルミナティ対他人類」と似ていますが、宇宙人も人類を必要としています。搾取される側がいないと、搾取側も成り立たないからです。

ほんとうに人間が進化し、その後宇宙が変わるにしては、良い人は天国へ、悪い人は地獄へというのは、安易な方法のようにと思います。人類の進化は、そんな浅いものではないと考えます。

それにしても、イルミナティも、2012年という時期を相当意識しており、人類にとって、大きな何かが始まる時期には違いないようです。
(先のザガミ氏の説明のように、イルミナティはこの時期にとんでもないことを考えてるようですが。《第3次世界大戦、自然災害、致死性ウイルス、その他など》彼らからすれば、地球の存続のため、新しい世界のためにそうするとのことです。支配関係を維持したいからでしょう。)

2012年アセンションにハルマゲドン言説がくっついてくるのは、ハルマゲドンと、転換期突入(それをイルミナティは古代から知っている)を混同させようとしているからと考えます。

イルミナティなども最後のところまではよくわかってないから、(恐れ含め、内部でも意見が分かれてるそうです。)重大転換期に違いがない(これはわかっている)、2012年から2019年までの間、既存の秩序の支配者である人々に有利になるように、他のパニックなどで大衆を混乱させようとしているように見えます。

イルミナティのアラインメント言説などを見ると、少なくとも、1日、3日ですべてが一気に変わる、というのは、ないと考えます。2012年12月22日午後8時(日本時間では)というのは、ゴールでなく、(大変な転換時期の)始まりのようです。2019年まで。

人間が何か変わるとすれば、日々の営みも含めた変化が必要と考えます。人類俯瞰するに、まだ変わる準備ができてるとは思えないですし。
一朝一夕にはできないのでは、と思います。想像できないし、どこか気持ち悪いです。
(空中携挙には、宇宙人が人間を必要としているから、天災で全滅してほしくないからといわれたりします。殺してしまうと今後利用できないし、助けておかなくては、のような。)

そして大変だけど、この時期から本格的に人間が本当に試される時期に入るのかなと。
ただし、その中で、今までなかったレベルの発見が多々出てくるかなと。
そして、この時期の人類の営みが相当、今後の宇宙に影響をもたらすと。

こんな風に誰かに持っていかれた世の中ですし。そして、何度も滅んだ文明を持った人類、そしていろんなもののために意識改革は必要と思います。

まずできる出口として、どうやったら、真実を知り(これが一般に広がることがまず重要と考えます)
そして、存続のためにみんな仲良くして、幸せを感じる才能を磨き(今は目に見えぬものを感じ)、情熱的に生きるかということが大切になると思います。

ザガミ氏によれば、「インターネットのお陰で、重要な転機が訪れています。真実を知らせなければ、すべてが解体される危機に陥る」とのことです。

ということで、いろいろ書きましたが、アセンション(アラインメント時期)を迎えるにあたって、まずは、真実を知り、今後吹聴される恐怖や敵対心、欲望を乗り越える必要があると思います。

そして、ハルマゲドン言説を超え、その後7年、いろいろ苦難があるようですけども、それを乗り切ったあとに、ほんとのアセンションのようなもの(ハビリテーション (能力獲得))につながっていくのではと考えます。一朝一夕ではないようです。

これからが本番な様相がありますが、闇の権力も苦しいようなので、乗り切っていきましょう。
スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。