コンテントヘッダー

今年12月頃、中国と韓国との間で、軍事的衝突が計画されていることについて

比嘉さんの最近の情報がありましたので、一部示します。

12月に中国・韓国との衝突という厳しい啓示がある。

12月は、近隣諸国との政治的、軍事的な緊張が起きると伝えられており、中国、北朝鮮、韓国、台湾・ロシアといった国々との間に何らかの問題が起き、かなり深刻な状況に陥る国も出てくると伝えられております。

それらを、回避するために11月から12月にかけての御神事を行う仕組みを組み立てておりましたが、現在、私の体調を整えるのに少し時間がかかっており思うように御神事を行えてない状況です。

この12月起きると伝えられている内容は、尖閣諸島で中国と間で武器を使用した衝突事件が発生し、日本・アメリカと中国の間に深刻な軍事緊張起きる事によって、他の近隣諸国、北朝鮮・韓国・台湾・ロシアといった国々との間でも領土、国防、経済が深刻な政治問題に発展すると伝えられておりまして、それらの内容すべてを完全に回避するための御神事を開始しなければならないと伝えられ、改めて御神事を開始いたします。

これだけの、行う御神事で、近隣諸国と政治緊張による軍事衝突の危機の回避、自然災害の無難、米国大統領の暗殺回避がふくまれております。

つまり、アメリカも日中戦争、アジア地域での戦争拡大を画策中であり、米国大統領の暗殺すらいとわない状況があると言うことです。

比嘉さん情報から以上です。あと、最近気になることを追記します。

それと、うちの金魚については、まだ緊張状態がつづいており、(回遊せず、ひっそり水槽の下部で隠れるように動きを潜めている)まだ日本、その周辺の地震等も要注意と考えます。
(去る11月10日でも、栃木県南部で震度5弱の地震がありました。
また、フィリピンでの大きな台風水害が出ています。特にアジア、太平洋で大きな変動があるのを感じます。何もしなければ、すでに被害がありますが、もっと大きな被害があったような感じはあります)

比嘉さんも、今後の地震にも注意で、特に原発災害に注意と行っています。これが小泉純一郎氏、細川護煕元総理大臣も、原発の廃止を訴えていますが、

これに関しては、今後小泉氏の次男の小泉進二郎を中心に、最近五体不満足で有名な乙武 洋匡氏と生年を中心に自民党系で各地で勉強会が発足してきているので、小泉真二郎氏を若い人の力で総理大臣にしようとする動きではないかと思ったりします。

これから、さわやかな印象の若手政治家、実業家のいけいけな政権改革には要注意だと考えます。

原発廃止、地震が来ても被害が出ないように燃料棒をガードするなどの措置はぜひ必要と考えますが、今のケースの場合、その先に何か狙いがあるように見えます。

原発反対で、さまざまな民意を集め、結局日中戦争の法改正をしていく感じがしますので。 少なくとも、ほとんどアメリカ傘下のメディア、新聞による小泉純一郎氏の扱いが、異様に大きく、意図的なわかりやすさを感じるからです。
もしかしたらですが、民意を一気に集めるために、意図的な原発事故も計画しているかもしれません。それとともに、小泉親子が叫ぶ・・・という動きに注意だと思います。
スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR