コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

次の内閣総理大臣!! 石破茂幹事長の沖縄県民海兵隊化計画について

何度も出して恐縮ですが、次は石破氏が内閣総理大臣になるそうなので、
そして今、この人が必死に今の沖縄県知事候補を選定中とのことですので、
あえて書いておきます。
一応、若めの人に目をつけているようです。


下記のこと考えてる石破氏が総理になったら・・・、
沖縄県民、日本国民みんなで注意だと思いますよ。
(アメリカの本当の狙いは、日本人全体を戦争に巻き込むことなので。
でないと手間暇金かけてここまでやらないですから。)

石破さんの沖縄への本音記事、記載しておきます。

琉球新報 2011年8月13日(土)3面 より 

(2004年8月に沖縄国際大学で米軍ヘリ墜落時、防衛庁長官を務めた石破氏がインタビューに応じ)
 事故を振り返って「早く移設しなさいという天命だと思った」と語り、実現間近だった辺野古移設を壊したとして民主党政権を批判した。
 また、米中の軍事的均衡が崩れ、将来的に在日米軍が撤退する可能性があると指摘した上で、「何十年後になるか分からないが、沖縄に県民で構成する海兵隊があったらどうかと思う。それで日米地位協定の問題もなくなる」とし、国土防衛の抑止力として、「郷土部隊」を組織する構想を明らかにした。

郷土部隊について、石破氏は「日米安全保障条約はいつでも一方的に破棄できる。米国の都合で(日本が)捨てられる可能性もあり、抑止力を維持するため自分達でできることはやる必要がある」と説明。「島しょ国で海兵隊がないのは日本だけ。北海道など全国でも郷土部隊を構成できたらいい」とした。
(そもそも変な理屈です。日本を捨てる国のために、捨てる国の要請で戦う必要あるんでしょうか。日本人が海兵隊になって、いいこと一つもないような。)

普天間飛行場の県外移設については、「朝鮮半島に近い日本海側の自治体で、飛行場だけでなく訓練施設を含めてすべて受け入れるところがあれば、(普天間飛行場の県外移設は)理論的には可能だ。」とする一方、「沖縄だけに押し付け、差別だと感じるのは当然のことだと思う。だが、最善を主張し続けて最悪な結果が残るより、一歩ずつでも前進させることを目指すべき。辺野古がその一歩だった」と述べた。
(最善を主張したら、なぜ最悪になるのか、理屈がわかりません。)

「朝鮮半島や台湾海峡で有事の恐れもある。海兵隊が必要な理由がある以上、すぐには解決しないが、将来的に沖縄の要望をどうやって実現するか話し合う」と述べた。
(沖縄の要望は、戦争でも、本土ゼネコンが計画した球筋の悪い振興策をさせることでもありません。
沖縄の三セクがうまくいかないのは、内閣府がそうさせているからです。成長させてはエサに喰いつかなりますし)

結論から言うと、石破さん、どうみてもアメリカ要望に従っただけの論理展開です。
まあ、この人、小泉氏にも近いからうまく立ち回るつもりでしょう。
「海兵隊を日本人に切り替える」というミッションを持った総理大臣になるんだと思います。

スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。