コンテントヘッダー

伊勢志摩サミットで、オバマ大統領暗殺に注意。トランプ氏が大統領になることの危険性。米ソの冷戦復活主義、中国の南沙、台湾、太平洋権益拡大に注意であることについて

5月26日、27日にオバマ大統領も来日し、27日には在任中の米大統領として初の、広島訪問予定と報道されていますが、
これまでアフガン撤退や、シリア撤退など、ギリギリの和平交渉などをしてきたオバマ大統領の暗殺、を機会として、
再び西側、アメリカの、イスラム圏への憎悪や恐怖を煽り、世界的戦争を起こそうとしている動きがあるとのことですので、本当に注意ですので、示します。
本当にありうる、危ない動きだと思います。拡散希望です。

他に、トランプ氏を利用して、アメリカを再び戦争国へ持って行こうとする勢力の動きもあるようです。(ヒラリー・クリントン氏の指摘メール問題が、このタイミングでFBI捜査に入るとしているのも、この動きと関連していると思われます。)

軍産複合体は、手駒として、トランプ氏が利用できると考えを変えつつあるようです。
(だとすれば、今トランプ氏はさまざまな誘惑に晒され約束させられているのかもしれません。確かに少し、本気で大統領を考えてきている、現実的風になってるような。
こういう、民衆がしてやったかのように見せかけて、その実誘惑していてこちら側にする、いやらしい手です。大衆をバカにしています。)

トランプ氏、確かにアメリカの伝統的なポピュリストの雰囲気があり、アメリカの主に白人貧困層に訴え、人気を得ているように思われますが、
これまで一般の大統領を支えてきたような、特に政策的基盤や力がないのは当然で(特に政策、戦略立案的な意味で。)

そうなれば一般的に、官僚やさまざまな利権団体にゆだねるしかない場面が世界どこの国でもありますから、根回し能力など団体等からの圧力に弱い面もあり、何かの誘導に弱く、戦争や不安定な状況にいきやすい面があるかと思われます。

下記は非常にリアルな内容だと思いますので、見ていただけたらと思います。
冷戦も、実際は、やらせの側面が大きかったのは、歴史が証明するところです。(これを終わらせようとしたため、ケネディは暗殺され、フルシチョフは失脚したとこちらでは考えます。)
ほんとうに、拡散希望です。

これらは、これらの危機を回避するために、啓示として示されているものであり(逆にいえば、変えられないものは示されません)
当たる、外れる、を議論するのでなく、今起こりうる危機を知り、本気で回避したいと願い、動き、訴え、小難、無難とすること。
そしてその原因となっている、心のいざこざをなくしていくことが大切と思われます。そこが呼び水となっていますから。

アメリカ、ロシアともに、過去の冷戦、過去の覇権の復活のために、手を握れるところは握っている中国も、南沙や、台湾や、東南アジアの一部を利用し、拡張用としている。

お互いが覇権主義にならぬよう、緊張化への流れを回避すること、ヨーロッパや日本、東南アジア、その他が、現状を理解し、緊張緩和へ動くこと、
米、ロ、中の大国が、緊張化はメリットがないと考えること、その間にもテロや緊張が起こったり深刻化しないこと
小難無難になってほしいと思います。(かっこはこちらで記載)

詳細はリンクなどをみてください。
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-2702.html


現在の状況と啓示について

2016.05.15.22:05

新暦5月15日(旧暦4月9日 ひのと 酉 赤口)

さて、先日の内容に続きまして、今年御神事にまいりましたアメリカ、中国、ロシアの事柄についてお話したいと思います。

今年初めにアメリカ・ニューヨークに行きました。これは、数年前丁度、オバマ大統領が就任式をする1月に、ワシントンへ行った際の御神事に関連しております。

この時、オバマ大統領が暗殺されるという啓示があり、それを阻止する為に渡米しました。結果としては、アメリカのメディアが、オバマ大統領暗殺未遂の誤報ニュースを流したことでおさまりましたが、今回のアメリカ・ニューヨークの御神事も、その流れの一つでありました。
今回の御神事の内容の一つとして、大きく経済を動かす事で経済を武器として扱い、世界を混乱させないようにという内容の御神事と、来年の新しい大統領が立った後のアメリカの方向性に向けての確認。

そして、伊勢サミットにおいてオバマ大統領が暗殺されるという啓示を受け確認の為に行きました。
サミットの件については、もし、暗殺未遂のテロが実際に起きれば、アメリカ国民の感情が反イスラムという意識に高まってしまう。今、アメリカの政治の流れが、大きく変わってしまうと本当に最悪の流れになると伝えられており、その確認をしてきました。


昨年までの段階の啓示では、大統領候補としてあがる人に、かなり過激な事を言う人が出るが(トランプ氏と思われます)気にするな、クリントンが大統領になった後の政治の方向性に注意しなさい。と伝えられてきました。そして、クリントン氏が大統領となった場合、世界を混乱に陥れないようにする為の仕組みつくりの為に御神事を行ってきました。

しかし、今年、予定外の状況の流れがどんどん世の中に出てきました。
今年行きました際に再確認した折には、トランプ氏側とクリントン氏側とでは、クリントン氏が優勢という指示がありました。

しかし、その後帰国してみると、大きく裏の動きが働き、間違ったらトランプ氏が大統領になる可能性が高くなったと伝えられてきました。

裏の組織というのは、皆さんがよくおっしゃいますイルミナティやフリーメーソン等、複数の組織があり、その中で、今大きな政治的な動きを握っている人達が、トランプ氏を大統領に立て 向に動き出したというものでした。

それは、アメリカ国民に、世界を守っているアメリカ、強いアメリカという意識、アメリカが強くなければいけないという意識を改めて意識づける為である。トランプ氏を立てる事によって、裏の人たちは、彼を上手く使いたい、アメリカ人の心理を動かし、利用していいように使いたい。

クリントン氏よりも彼をうまく使った方が良いという方向になり、トランプ氏が立つ可能性が出てきた。そうなると、善と悪の差別、人種間や宗教に関する差別が大きく出てくる可能性があり、戦争への道に突き進む事になる。それを阻止しなければいけない。と伝えられてきました。

今年ロシアに行きましたのも、ロシアとアメリカは、裏では繋がっている。両国は、冷戦時代のように改めて線引きを行う方が、両国の利益になると考え、そのような状態になるようにしていると伝えられてきた事からです。

アメリカは、レーガン時代に強いアメリカという事で、旧ソ連を崩壊に追い込んだが、その結果、逆にアメリカの権力、権威が失われてきた。ワルシャワ機構もソ連も崩壊した事によって、ヨーロッパ全体がアメリカの軍事力をあまり必要としなくなってきた。それは、アメリカの力、経済力や軍事力といった権力を重要視しなくなってきたという事である。
(これで、冷戦期のようなアメリカの覇権、権力がなくなってきた)

ロシアに対しては、EUで対応できる状況となり(資源・経済連携がロシア、EUで足りており)、経済においてもアメリカを頼るのではなく、中国を重要視してきている。エネルギー面で、アメリカは上に立とうとしているが、最終的には、それも出来そうもない。
アメリカは、世界的に対する力が弱くなってきている。

そこで、アメリカは、冷戦時代を復活させて、ほかの国がアメリカを絶対視し、アメリカを頼らざる得ない状況に陥らせようとしている。そして、冷戦時代をもう一度作り出そうと、裏ではロシアと手を組んでいる。
ロシアもアメリカ同様、昔の権威、権力を取り戻したいため、両国は合意している。(ロシアがこの過去の覇権にこだわらなければ、と思います。)


中国は、中国で、ヨーロッパ側にも、日本を含むアジアに大きな勢力を持ち、アメリカに対して牽制をするためには、東シナ海、太平洋側に軍事的にも大きく進出しなければならない。

台湾やアジアの国の一部の欲のある人達が、中国と手を組んで尖閣列島や南沙諸島といった領土問題や、経済等の関係を中国にうまく取り込み、一緒に手を組んだと伝えられています
(要は台湾や、アジアの国の一部に、中国の進出のために手を組んでいるグループがあるということです。
意図的な紛争が起こされるかもしれません)


中国としては、アメリカをけん制する為に、東シナ海に空軍力、海軍力を持ち、制海権、制空権を得たい。台湾を使って太平洋側へと進出する事を計画していると啓示では伝えられております。(台湾にけしかけさせることを考えているのかもしれません)

これ以上の説明をしますとかなり細かく、また長くなりますので、おおかまではあり、説明が足りないかもしれませんが、このような内容が伝えられ、善き流れになるように御神事をしております。

もう一度お伝えします。理解していただきたいのは、私達は、伝えられた啓示が、当たる当たらないといった事で、御神事をしているわけではありません。

伝えられてくる政治についての悪い流れ、経済についての悪い流れ、自然の動きについての悪い流れの啓示が、はずれるように動いております。何を言われようとも、啓示に基づいて、神々とやり取りを入念に行い、信念を持って行っております。
どうかご理解いただけますようお願い致します。

そして、祈り合わせを呼びかけます際には、どうか共に願い祈りいただき、祈りのお力添えをお願い致します。

最後に、私達の御神事の活動にご協力、ご支援の程を賜りますようお願い申し上げます。
私の活動は、皆さんの真心によって支えられております。

昨年10月から常にお力添えくださいます方様、また、定期的に支援してくださっている方様。本当にありがとうございます。心から感謝申し上げます。

ここまで御神事が行えております事に、いくら感謝を申し上げても足りないのですが、本当に、皆様のご支援があってこそ、この御神事が行えております。
深く感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR