コンテントヘッダー

中国・日本で今後起こる可能性の高い計画、これまで計画されていたことについて

石破氏、安部氏の発言など、憲法改正に向けていよいよ動き出した感があるこのごろです。
あの大胆不敵ぶりは不正選挙をアメリカと申し合わせていないとできないと思います。

今、超党派議員を168人も靖国へ行く動員ができるくらいですから、
(きっとその旨の誓約書にサインさせられたんだと思います。)
今後、憲法改正あたりまえ論を各地で言わせて浸透させていく予定と思われます。

国民がこれを話題にし、憲法改正・集団的自衛権について、戦後からこれまで誰が指図してきたかも含めて(まあ、アメリカ(と自民党)です)
ネット言論でも、新聞投書でも、何かの形で一般の人々が意見を出していくことが大切になると考えます。
「黙っていたら、認めたことになってしまう」のが世の中です。日本人は、もっと積極的に意見を言っていいと思います。

ところで、これとも関連しますが、今後、日本、中国などに対し、闇の権力が計画している事について、比嘉さんの情報がありましたので、要約を掲載します。
特に中国の方々に読んでほしいものです。これに向かって動いている気配が確かにあります。

以下抜粋等
このままではほんとに今年の下半期(7月以降)から来年にかけて日本の法律が大きく変わり、戦争への道に突き進む流れが止めようもなく起きる可能性が強くある。それに伴う経済の混乱が起きる可能性が強い。

上海を中心に広がりつつある鳥インフルエンザは、人為的に起されており、人から人へ一気に広がる可能性がある。(人為的であれば、人も移るようにウイルスを作っているでしょうし、人ごみにも撒くでしょう。)

上海という大都会で、貿易中心の、産業中心の大都会で、多くの人達が飛行機や船で、海外へ出入りするような場所では、感染病が世界中に広がる可能性がある。

今、中国での感染は徐々にという形になっていますが、これに一つ二つ手を加えることによって、一気に中国で広がる可能性が高い。
中国で、もしそれが人為的な工作として、実際に5月6月ぐらいから流行りだし、一旦沈静化したように見せながら、一気に新しいウィルスに進化して広がる可能性がある。
(この上海をはじめとする中国でのウイルスばら撒きが、作為的に実行されているということです。中国当局も大変です。)

(ロシアに落ちた隕石についても、補足説明が書いてありました。)
昨年の12月21日に、マヤの預言が現実に起きたように、マヤの預言を利用し大きな出来事を起こそうとする動きがあった。

具体的には、マヤ預言の12月21日に北京に地震起そうとしていた。その啓示がなんとか変わり、次は隕石を北京に落とすという計画になり、その次はウィルスで次々と中国に手を加えようとしている。そういう組織がある。

そして日本についてです。地震、原発事故に要注意とのことです。

4月13日の兵庫県・淡路島地震については、どうにか小難にできたようです。
今後、南海トラフ地震、その後の富士山噴火に警戒しないといけない。関西から琵琶湖、福井の活断層が刺激される可能性がある。
そうなれば、大飯原発、高浜原発、美浜、もんじゅ、敦賀なども危なくなってくる。
もし、事故が起こった場合は、大きなメルトダウンが起き、関西全体に黒い雨や白い灰が降ってしまう。
(やはり、こんなに地震の多い時期に入ってるわけですから、小学生でも考えると思いますが、原発は止めたほうがよいです。
「ここだけの話ですが、隠れた核武装のため原発は必要なんですよ」と国の上の方はひそひそ言い合っている(思わされてる)と思いますが。
最近の戦略では、原発は、北朝鮮のミサイル攻撃に対する日本の被害を大きくするために置かれているのがほんとのところです。

3.11以降、放射能が子どもたちや周辺の肉体に害を及ぼしている。今で手を打たなければ、後悔ではすまない事態になる。
(あまり話したくはないのですが、実際問題として、このまま手を打たなければ、あと3年ほどで甲状腺ガンなどが多発するかもしれません。(チェルノブイリのデータによると、5年経過すると発生が増えています。)
風評被害がどうのという押さえ込み言説で、遠慮して黙るのでなく、実際の被害を防ぐために、まず被爆の実態を調査し(尿検査など)、危険地域からの隔離や治療(放射能による病気かの判定。たまたま、甲状腺ガンが増えるなどないはずですから)など、今とれる方法をとるべきと考えます。
日本人に多いですが、怯える、見ないことにするのでなく、向き合い、対処していくわけです)


(再び、世界的な今後の計画についてです。)
今、闇の権力の目論見があまりにも早く、確実に、いろんな手を先手先手に動かしている状況にある。(確かに、対中国への陰謀をとっても、12月21日予定だった地震、2月15日隕石、4月のウイルスと早いです。)

この人たちは、今後の計画を確実に起こそうという意識で動いており、常に計画的に確実に一歩一歩手をうち、現実化していこうとしている。今年、来年、再来年に向けて確実に実施しようという状況にある。
(「計画」とは、もう有名になってますが、ニューワールド・オーダー(新世界秩序)のことをいうのでしょう。具体的には、日中、中東で戦火を撒き、世界に広げ、欧米の覇権、闇権力中心の権力を獲得すること)

対応策について
いろいろと大きな権力が計画を実施しようとしていますが、どうすれば回避できるかについて、下記に示したいと思います。
今までこういう動きで、相当程度回避してきた面はあると思います。一般の人々の踏ん張りどころではないかと思います。

いろんな祈り、祈祷をし、意識を集中し、自分の意識の中で(世の中を)組み立てること、それは確実に具現化できると思っております。
何を馬鹿なことを言っているかと思われるかもしれませんが、ご神事的に、見えない力をもって、それを行う。
ご神事の力というものは確実にあると信じています。自分の行っていることは世の中に現実化し、そういうものを回避する力があると思っているから行います。行うことによってそれを現実化する流れを回避することができると思っています。

本当に皆さまひとりひとりに能力があるないは関係ありません。皆さまのひとりひとりの大事な人を思いやる、思う、守りたい、助けたい、幸せにしたい、本当にそういう心というものが私の意識、からだ、いろんなものを通し、その世の中に反映されると思っております。自分は、確実にそれができると思っております。
とのことです。

これはすごい真実だと思います。現状を見ても、結局、この世に生きる我々の思い、願い、行動の結果で世の中はこうなっているからです。
だから、各人が、人を思いやる、守るという気持ちをしっかり持ち、天に誓い、それに向けて行動することが大切だと思います。

闇権力の恨み、恐怖のペースに巻き込まれず、むしろ、彼らが煽る自らの攻撃性などを反省しながら、「そうじゃなくて、こういう世の中にしたい。いじめがなく、みんなが仲良くできる社会にしたい。だから自分はあの人を許して、恨みにかられず、仲良くしよう。」と。

結局、自分の心根が大切であって、そのあと、世の中が良化していくんだと思います。まず心、想いがあって、形になっていきますから。
結局どんな正義であっても、そのつど他人をやっつけたりなんてしていたら、同じ歴史の繰り返しです。

一気に世の中の立替、破壊があり、そのあとよくなるなんて、現状や過去の歴史を見ていても考えにくいです。

良丸さんも言っていますが、反省が必要としても、反省の元となる破壊は、第二次大戦(ひどい戦闘、飢え、貧困、多くの一般市民の犠牲、人権無視、核汚染等)の経験で十分だったではないかと思います。

「(悪を糾弾して終わるのではなく)自分なら世の中をどうよくしたいか、自分は社会にいることでどう平和に寄与できるか」を考え、その雰囲気を広げていくことが大切です。
そういうことが結局世の中を良化していくんじゃないかと思います。

まず世の平和、安寧のありがたさをかみしめ、真摯に、平和を祈ることが実は大切になってくるんだと思います。
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

とれもろすのうた

とれもろすのうた

http://toremoros-no-uta.seesaa.net/

No title

トレモロスのうた、いいですね、とても直截で分かりやすくて
小学校低学年に流行らせたいですね。

最近、国民がテレビを見なくなってる気がします。

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR