コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

比嘉良丸さんたちの今後の震災等にかかる最新情報について

最近、アメリカの経済危機、日本各地の地震が10月頃に起こりうるとのことで、
以下にまとめられていましたので、ポイント的なところを示します。(9月14日の情報)
今、これらをまずは数ヶ月遅らせるよう、比嘉さん達みんなでがんばっています。

こころのかけはし祈りの和にあるので、そこのメールマガジン登録(無料)し、情報収集するのもお勧めです。(こころのかけはし祈りの和より)
そして、祈りあわせのお願いがあるときは、協力していただけたらと思います。
人間の祈る力、創造力にはすごい力があります。

以下比嘉さん達が受けているビジョンのポイントを示します。
少し長いのですが、今後に関する重要情報が多いため、読んで頂けたらと思います。
これをずらし、小難、無難にするために、みんなで祈って、動いていけたらと思います。

9月17,18日頃に、アメリカ発で、石油や化石資源、そして金融の暴落が突然起きる可能性がある。(これはアメリカ国債を大量に持つ中国に経済的打撃を与えるため)

○(今、アメリカがシリアで揉めていますが)中東において軍事介入か軍事行動に移すような行動が見られれば、戦争が起きる可能性が高まる。(シリア側にアメリカの意を組んだ者がいるとのことなので、なんとしても攻撃してくる可能性があります。その先のストーリーがあるので。)

その中東での軍事行動を行うことによって、来年の3月にヨーロッパ、中東、アメリカの3カ国で、テロが起きる可能性がある。各地で毒ガスによるテロが起こるが、ヨーロッパでは、初めて核を使ったテロが起きる。

○日本国内では、真っ先に変えたい法律として憲法第9条ではなく、10月の勢いで96条などの法律をどんどん改正していくという流れがある。

皆さんも言われている通り、3.11では地震破壊兵器というものが実際使われていた。
そして、今年の10月にも、それを使おうとしている。南海トラフが動き、九州から東北まで一気に動く可能性がある。


具体的には、小笠原の海底に地震破壊兵器を使うということで、今、この勢力は、動いている。
地震兵器を使うことにより、小笠原から本州に向けてエネルギーを送り、4つのプレート(フィリピン海プレート、ユーラシアプレート、北アメリカプレート、太平洋プレート)を突き動かすと同時に、東火山帯のエネルギーを動かすことによって、日本列島の活断層や火山が一気に動き出し、連鎖する伝達が走らせる計画である。
このイメージは瀬戸内火山活動地図を見ていただけると多少わかりやすいかと思います。
この図の、伊豆・ボニン海溝(小笠原海溝)を人工地震により、本州向けに刺激し、4つのプレート及び東日本火山帯が連動させ、日本全体の活断層・火山を一気に動かすということです。
これが10月頃行われる予定ということです。

○つまり、地震破壊兵器を使うのは一箇所だけではない。確実に動きを伝達して結果を出すため、何箇所かで動きが繋がるように人工地震の準備をしている。

○打つ場所、タイミング、時間を見計らってやらなければ、正確に連鎖が起きない。
 相手(闇の権力)は、きちんと起こし、連鎖するように準備している。

○上記攻撃の第一撃が先月8月8日だった。緊急地震速報が誤報ということで流れたが、これは最初の地震兵器のエネルギーが観測されたためであり、大地震にはならなかった。

○今年9月の18日、19日あたりにアメリカで経済のショックがあるが、そのあと12月から3月ぐらいにかけて経済が持ち直していく。

○そしてみんな安心している3月にヨーロッパなどでテロが起き、ドンと一気に暴落が起こる。

○その後、来年9月にはいくつかの国が経済崩壊を迎え、そこから世界中が混乱に陥る。

○そんな中、来年の12月頃から徐々に、日本だけが株高、円高になっていく。
(世界中の経済が落ち込む中、世界が持ちこたえるため、頼みの綱として日本の円と株にすがるため)
しかし、アメリカは日本に武器を売るために、わざとこの操作をする。

○来年の経済破綻で、アメリカ国債が紙切れになる。ドルが紙切れになることによって、中国も経済的に崩壊、ひどければ破綻に追い込まれる。そうすれば、中国はよその国との戦争どころではなくなり、内戦が起きるようになる。このようにアメリカは徹底的に中国を陥れる。(この辺、中国の国家安全部の人々にも見てもらいたいです。)

○そのため、アメリカ経済も落ち込むが、来年12月頃から日本に経済力をつけさせ、日本に空母や軍艦やミサイルなど、高い武器売りつけていく。それによってアメリカ経済は回復する。

○日本に兵器を売り、実際に使ってもらい、それで中国との戦争へ突入させる。


以下、日本の役割と将来についての比嘉さんのコメントです。

○私は、日本という国には、世界の国境を無くし、平和なすばらしい世界、地球を作るという大きな役割があると信じています。そのためには、日本だけのご神事では達成できない。

対応策について、ここからが非常に重要だと考えます。

○そのためにはまず、EUのようにアジア連合を作らないといけない。そのために今後、どうしても中国を取りこむ必要がある。だから今中国と対立したり、戦争をしてはいけない。中国と手を結び、仲良くしなければならない。
(だから、アメリカ傘下の日本マスコミは、何年もかけて中国のマイナスイメージを植え付けてきた訳です。)

(そして、アジアに国土の約8割を持つロシアと手を結ぶこともこれから大切になってきます。
後ろにロシアがあれば、中国もそう強硬姿勢に出にくくなります。)

○中国と仲良くできるはずがないと多くの人が言いますが、本当に地球を良くしたいのならば、アジアが一つにならなければなりません。
地球上の人口の3分の2がいるアジアで、きちんと力を合わせて、未来に向けて協力していく。、

○まず最初に(アジア連合に対して)アフリカ連合が、そして中南米がつきます。
そうして、アジア・アフリカ・中南米の連合勢力をヨーロッパも無視できなくなり、EUもこの連合につきます。
その結果、アメリカやイギリスだけでいきなり何かを行おうとしても出来なくなります。
(アジア連合ができれば、今起こそうとしているシリア空爆なども、勝手にできなくなるわけです。)

そのために、まず、アジアが一つにならないといけない。今の中国や北朝鮮を相手にそれが出来るか疑問を持つ方もいるかもしれませんが、それは、出来ます。それは、教育が一つの鍵になります。

○中国は、第二次世界大戦が終わった後、共産主義になりました。その教育を受けながら、1965年に文化大革命という革命を起こし、自分の身内すら密告しないといけない状況に追い込みました。そういう政策を10年以上も続け、600万人とか1000万人の人を殺してきた最悪の革命と呼ばれる文化大革命という名のもとに、大きな策略を起こした事実があります。
(文化大革命は、権力維持のために行われた弾圧、大量殺戮です。
核開発に国家予算のほとんどを投じ、農家に多くの餓死者を出し、大躍進など内政も失敗し、ロシアとも対立、国際的に孤立していましたから。その失敗への国民の反発を抑え、権力を維持するため、ほんとうに多くの人が殺されました。)

○80年以降に、1989年の第二次天安門事件以降、ソビエトのゴルバチョフが中国を訪問し、民主化への民衆の支持が広がることになり、一気に近代化が始まって、今に至っていますが、国家権力のための教育を受けてきた人たちが、今後、本当の意味での教育を受けることになり、認識、価値観が変わってくる。
(1989年の天安門事件の時には、敵対し、民主化を進めるゴルバチョフが意図的に訪中することで、中ソの雪解けを演出しつつ、中国共産党のメンツを潰し、中国の近代化を進めることになりました。)

○日本が変わったように、教育で人間の考え方、価値観が変わります。
ですから、中国においても、今後、大きな変革が起きます。今の政権が思い通りにずっと操るようなことはできません。一般市民や農民といった層から、大きな革命が起きます。
そのときには本当に正しい方向へと、国民の意識が向き合います。その時に日本が仲良くしていることによって、中国をパートナーとして進むことが出来る。一緒に進むことができます。
(中国国内で、将来、さらなる近代化が起こった後、中国の一般市民が、反日教育の意図(内政に不満を向けさせないため)を見破り、日本と仲良くする方向に向かってほしいと思います。)

(そのためにも、今、日本が、中国人に良い印象を持ち、仲良くしようという姿勢でいることが大事です。マスコミの「中国憎い・嫌だ」の情報操作に乗せられては、日本自ら、世界平和のチャンスを逃すことになってしまいます。これではアメリカの思うつぼです)

(最近中国では、大卒でも仕事に就けない人口が増え、内政に対する不満を高めており、それをネット配信しているそうです。中国政府は彼らの発言・動きなどに警戒しています。もし、今度中国で真実を求める動きが起これば、反日教育等の国家的意図に気づき、目覚める可能性もあります。)

北朝鮮についても語られていました。以下箇条書きです。

○北朝鮮については、残念ながら、今後韓国との戦争で統合される可能性が高い。

○北朝鮮の金正恩、その父の金正日さんは、自分たちの一族を生かすためにアメリカと組んでいる。彼らは、国際的な政治、宗教、経済などの高い教育を受けてきた人なので、そのままでいると、自分たちの一族が滅ぼされることは理解している。カダフィー大佐やフセインのように、一族が殺されてしまうと。
だから、アメリカと手を組んでいる。アメリカがミサイルを発射するとか、アジアに混乱を起こすために、仕掛ける役割を持っている。

○北朝鮮の長男(金正男)は中国とのかかわりが深いために、排除された。
(金正男さんは、マカオカジノの利権を持っていたとされます。)

そして、アメリカの企業と今後の株投資についても書かれていましたので示します。

○アメリカの化学メーカー、薬剤メーカーは悪の会社であるとみんな知っています。
しかし、利益を求めて目先の欲に駆られている人たちはこういう会社に投資します。会社としてはさらに利益が上がりますので、株価も高くなり、利益も増えます。

株価を操作することによって、一部の企業にお金が流れる仕組みを作っているのです。だから、知らず知らずにそういう人たちに利益をもたらし、ドルの力を与えている形になっているのが今の仕組みであり、悪い人が本当に力を得るしくみです。

○(今後、こういう株価操作がなくなり)上がり下がりが少なく平均になって、どこに投資しても大きな利益が上がらなくなると、人間の考え方が変わってきます。その会社に投資するよりも、環境に良いことをやっている会社に投資しよう、未来のために本当に頑張っている会社に投資をして、これを実現に向かわせようという投資家の考え方も変わってきます。そういうことによって本当に良い方向へ価値観も流れていき、経済の考え方やいろんな仕組みも変わってくるということです。(とてもすばらしいことだと思います。人間の徳でよい世の中になってほしいです)

今後の将来について

○(闇の権力が企てる地震等の計画を)聞いで怖がるのではなく、聞いたからこそ、あなた方の人生の3年先、6年先、12年先の皆さんが願っている素晴らしい未来を創造し、それを願い祈って、それに近づける行動をしていただければ、世の中がほんとうに変ってきます。だからこそ皆さんの力添えをお願いしているのです。

○目先ではない、3年、10年先の自身の理想を想像し、願い、それを叶える為に自分の出来る範囲の事を行って欲しいという事です。それは、大きな力になります。

○神は、人間に超能力というものを求めてはいません。それ以上にすでに、素晴らしい物を与えられています。創造力です。(超能力を求めることは、他人より有利になりたいというエゴかなぁと思います。)
未来を想像して、その実現の為に、考えて行動に移して行くという事は、確実にそれを現実化する力なのです。


○私は、最悪のビジョンも見せられますが、善いビジョンも見せられています。最悪のビジョンはそのままでは起きてしまうものでありますので、見せられている善いビジョンへと向かう為に、御神事を続けています。善いものだけみて、御宮でお祈りしているだけならどんなに楽か。でも、それは私の役目ではないのですので、出来るだけ飛び回って御神事を続けてゆきます。

○今までなら何年もかけて動いてきた地球の様々な自然の動きが、この100年の間に起きるということです。(これは避けられないんだと思います。)だから皆さんが、だんだん時間が早い、時が進むのが速いと感じるのは、当たり前のことです。

○地球が、この100年の間に数十万年分の活動をしようとしている。見えない時間の流れの中では、1年が100年分とまではいかないですが、それに近い年数を刻んでいる。ですから地球規模で大きな地震や火山がいろんなところで起きているのは、止めようがありません。

今回の地殻変動は、一気にこれまでのように大きく生まれ変わりを繰り返してきたアイスボールやファイヤーボールまで行かずに、人間の意識と行動によって、緩やかな流れでも地球は確実に生まれ変わることができるということを言われております。

そういうタイミングがずれたり、それが1度に大きな動きでなく、10回とか100回に少しずつに分けて起きたりすることによって、緩やかになっていくという意味です。

○その間に人間は進化を遂げて、進化というのは、人間は、地球の一員であり、全ての生命の中の一員として何をすべきか気づいていくことです。

(下記とても大切と思いました。)
○人として、何をすべきか、どんな行動をすべきかに気付くのが覚醒です。その時の価値観というのが大きな意味を持ちます。進化というのはそういった事です。

○先ほど、日月神事の中で、立て替え、立て直しと言いましたが、それは悪い人たちがいいようにその啓示を利用して扱っているだけで、世の中が焼け野原になると、喜ぶのは力を持った人たちです。一般の人は苦しく、生活ができないですから力のある人に頼るようになります。そうなりますと力や権力を持った人に、財、地位、名誉など、すべてがまた集中してしまいます。(また欧米覇権に戻ってしまいます)

今回はそういった、物が壊れたり、人の命が失われるという事が必要なのではなく、人間の価値観や考え方が変わればそれでいいのです。
そしてものを作る場合は、新しい進化を遂げたものに作り替えればいいわけですから、壊れる必要はないのです。

そういうことに意識すれば、確実に地球は穏やかに再生を遂げ、多くの命が、何一つ絶滅することなく、共に命を繋ぐことができます。今ある命をすべて守って次に繋ぎ、本来の人間の役目を果たすことができるということを伝えられております。

下記は、これからの地震についてです。
○10月の地震の中で、南海トラフだけの話をしましたが、実際には、北海道はかなり厳しい状況にあると伝えられています。北海道の23日の地震というものは、地震破壊兵器の伝達により起こされる。

もし南海トラフが動いたら、10月23日あたりに、泊原発近郊の海底の中にある活断層がく可能性があります。

○そうなると、泊原発は、建物の真下に確実に活断層があると言われていますので、福島の二の舞になってしまう可能性があります。今は原発が止まっていても、燃料棒は、割れるか、大きく揺らされることによって臨界事故が起きます。揺れても浮いているなら良いが、今の状態では、臨界事故が起きる可能性がある。止まっても揺れて燃料棒が壊れたら、臨界事故が起こるというわけです。

そして、下記はとても重要な情報だと思います。
]○そして日本全国に、17施設の原子力発電所や六ヶ所村といった施設がある。原発場所日本には、プレートの動きのタイミングをずらす大きなポイントの17箇所が海岸沿いにあり、そのすべての大事なポイントの上に、意図的かどうかわかりませんが、原子力発電所などの施設が建っています。(当然アメリカの意図だと思います。)
そう考えると、原発は日本各地に仕掛けられた爆弾なわけで・・。
日本を軍事的に裸にする、必要なときには日本政府を脅せるようにするために、あえて活断層の上に原子力発電所をつくったんだろうなあ。ずいぶん前からそういう計画があったんだろうなあと思ったりまします。
冷却水が必要とはいえ、海沿いだと津波よく来ますし。地震兵器と連動した脅し装置なんでしょう。
もちろん、中国なども日本の原発に照準を合わせています。
決してマスコミでは触れないと思いますが、原発の地下には、核廃棄物が多く置かれています。稼働してなくても揺れれば、かなり危ないのです。
ミサイルで、ちょいと中国が打てば自滅です。いくらイージス艦が進んでると言っても、それがとらえた情報は、アメリカに一旦行き、いろいろ判断されて防衛省に送られますし。(防衛省が実践に際して信頼されてない部分もあるでしょう)

アメリカは日頃からああゆうことばっかり考えてますから。
旧ソ連が核実験するやいなや、「今の時代は核の平和利用だ!」といって、敵国の周囲(ヨーロッパ)に原発乱造したり。

危険施設なら、普通一カ所などに起きそうな者ですが、北海道から鹿児島まで、危険施設をまんべんなく広げることはないように思います。沖縄に原発がないのは、もし何かがあったら、米人の命に関わるからでしょう。

ですから、その下には活断層が確実にあると言われています。


以上、長くなってしまいましたが、どれも重要な情報と思われたためため、記載しました。
かなり具体的で注意を要するとともに、具体的な解決の方向性も示された有用な情報と思います。

上記を見ていて、特に、下のことが、今生きる人間に求められているのだなと思いました。
「日本人が今、中国人に好印象を持ち、仲良くしていくこと」

「目先ではない、3年、10年先に、自身や家庭の理想を想像し、願い、それを叶える為に自分の出来る範囲の事を行うこと。それは、大きな力になる。」
(まさに反原発運動、地球を大事にすることについてでも、語り、何ができるか話し合うことでもいいと思います。)

「神は、人間に超能力というものを求めていない。それ以上にすでに、素晴らしい物を与えられています。それは創造力です。
未来を想像して、その実現の為に、考えて行動に移して行くという事は、確実にそれを現実化する力なのです。」



中国と友好的になり、人間の創造的な可能性を信じて、行動することが我々の役割のようです。
きっと行動する中で、よいひらめきも出てくるでしょう。
日月神事の間違った読み方による、安易な破壊論、立て替え論に乗って傍観せず、
人間みんなに与えられてる想像力、創造力を使って、本気で世の中に関与しましょう!動きましょう!
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

どうやら10月2日は確実に準備中のようです。
地震発生具合をもとにした地震予知ブログを拾ったのであげておきます。
http://boppo20110311.blog.fc2.com/blog-entry-1510.html

そんな感じですね

データありがとうございます!。
今までの感じからすると、10月1日、2日あたりは
北海道東方沖、宮城沖アウター、房総沖(相模トラフ、トカラ列島や小笠原(小笠原トラフ)もありうるいうことですね。

用心にこしたことはないとおもいます。
一連の混乱・戦争に向けた「しかけ」も感じます。

グラッときたら、車じゃなく徒歩で、近くの4階以上へだと思います。
3.11の時は、30分して津波来なかったので、戻ったら被害に遭った、人を探して間に合わったなどの話も聞くので、携帯ラジオなど鞄に入れて、各自避難する話し合いをするのも大切かと思います。
(どこまで他者を探すかは、ケースバイケースもあると思いますが)

起こらなければよいですが。ありがとうございます。
このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。