コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

2014年3月2日の石垣市長選挙と関連しそうな記事について

これでも不正選挙やるんだったら、石垣市は騒動になるのではと思います。
石垣の人は現状変化に敏感ですから。
打診があったのか、八重山毎日が妙に静かなのがまた気になりますが。
後悔先に立たずですよ

以下、重要記事示します。
「3月に防衛省内で石垣2カ所自衛隊候補地決定予定」という記事です。それぞれクリックしてみてください。
陸自警備部隊、石垣に2候補地 防衛省が来月決定(琉球新報) 2014年2月23日
陸自配備、石垣に候補地 大崎牧場周辺など(沖縄タイムス)2014年2月24日
石垣陸自配備:住民「とんでもない」(沖縄タイムス)2014年2月24日

仕上げはこれです。
自衛隊配備報道を否定 「選挙に影響」自民が抗議(八重山日報) 2014月2月24日

上記八重山日報ではあいまいに
「小野寺五典防衛相は同日午後、視察先の岐阜県で『事実ではない』と否定」
と書いていますが、何を「事実ではない」と否定したのかがよくわかりません。

これを確認するため、より詳細な沖縄タイムスの記述を見ますと
「小野寺五典防衛相は23日、南西地域への陸上自衛隊の部隊配備計画について「どの島にどういった部隊を置くかまだ決まっていない。(一部報道で)名前が挙がった(石垣島の)2カ所を候補地として決定する事実はない」と述べた。講演した岐阜市で記者団に答えた。」とあります。

ここでは「決定する事実はない」(現段階で決定しているという事実はない)と言っているだけで、
「(3月までに決める)候補地として検討していた」ことは否定していません。
要は「検討していた」という意味になります。

そりゃあ検討中ですから、決定はしてないわけで・・。

ただ、この発言、さすがは防衛省作文、弱点があって、「決定するといった事実はない」(琉球新報ではこう表現)は、「決定する」なので、「今後決定するという事実はない」という風にもとれます。そこを「今後そういった決定はしないんだよね」と念押しするのも可能かと思います。
ただ、防衛省ですから、「決定すると『言った』事実はない」という小学生並のトリックの可能性もあります。
しかし、こういう表現の用法として「(将来的に)決定するなどとといったような」という意味がより一般的と考えられるので、十分「将来もしないんだよね」と主張できます。

ちなみに、中山市長は、去る2月21日、大浜氏との受け答えで、「旧石垣空港を軍事利用することはない」と明言しました。はっきり断言していましたので。念のため。これは市民が銘記していてよい重要な情報と考えます。

知事選の12月まではおとなしいかも知れませんが、今後もきな臭い情報、どんどん出てくると思うので、注視です。
なんつったって、今、オバマ・バイデンともに、米国経済のため、尖閣から日中戦争させたがってますから。
(それでヒラリーを大統領にさせない意味もある)

そのアメリカの指令があって、最近日本の保守の主流は自主防衛論です。小林よしのり「大東亜論」だったかのーマは
「とにかく自分で突撃せよ!」です。
実は小林よしのり、反米装いつつ、アメリカの広告塔やってます。要は「アメリカに頼らず突撃せよ」と。
これこそアメリカが日本に一番望んでいることで・

マンガだから活字嫌いの青少年にもとっつきやすいですし。
計算なき突撃には敗北あるのみです。アメリカの狙い・中国の戦力をほんとによく見て動きましょう。

この最、昔の記事が現実味を帯びてきたので、過去記事を示しておきます。
自衛隊の移設先は、石垣島というシナリオだった!

もう一つついでに、再掲になりますが石破茂さんの沖縄観についても。
石破茂氏の防衛・沖縄・北海道観
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。