コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

鈴木宗男議員 実刑確定・・・。

今度の外務大臣は、鈴木宗男あたりかな、あれくらいじゃないと外務省改革できないよなぁ、あの裏も表も知ってる豪腕が必要だ、と思っていたら、実刑が確定してしまいました・・・。

しかし、このタイミングは意図を感じます。

小沢総理大臣を最も恐れているのは、外務省でしたから。その次財務省くらいでしょうね・・。
外務官僚が、やっぱりこれはやばいと思って、仙石氏と一緒に検察に働きかけたんでしょうか。圧力の元は国外だけではないのかも。

やばさの原因は週間ポスト8月20日号の新官僚覆面座談会 に詳しかったです。
(以下抜粋)

財務A 小沢さんが権力を握れば、対米関係の見直しというより外務省改革と外交機密費問題に手をつけると思う。鈴木宗男さんを衆院外務委員長に据えたのもその布石だ。宗男さんや田中真紀子さんが何があろうと小沢さんを支持しているのは、外務省改革が必要という認識で一致しているからだ。

総務D そりゃ、外務省は心穏やかじゃないね。

外務C 民主党政権は外交の継続性という点を軽視している。普天間もそうだし、思いつきで民間人を大使に任命したりするのも、大使のキャラクター次第の外交になりかねない。国家としての信頼が失われるから危ないといっておく。

―小沢氏が外務省を憎むのは、それこそ外交姿勢がご都合主義で変節したからでしょう。ちょっと論理がすり替わっていませんか。

外務C むしろ小沢さんが普天間の日米合意を破棄するなら重大な変節になる。

財務A それはちょっと誤解だな。司会者の肩を持つわけじゃないけど、小沢さんは外交について「国を代表する政治家同士の話し合いで決める」という原則を守りたいだけ。7月22日に小沢さん、鳩山さん、参院議員会長の輿石東さんが「久しぶりの懇談」をしたと報じられたけれど、我々の情報では、この時に対米外交の基本方針が話し合われたようだ。

外務C 聞いていない。

財務A だから政治主導なんでしょ。いずれにせよ、小沢体制になれば普天間は白紙からのやり直し。『週刊ポスト』がスッパ抜いた鳩山さんの「腹案」の復活を意味している。わが省はその場合には米国との交渉はかなりタフなものになると覚悟している。C君のところも、その覚悟をすべきだろうね。
(抜粋終わり)


ここからすると、田中真紀子、鈴木宗男あたりが外務省をボコボコにしてしまおうと、旧来の敵同士だった2人が手を結んだという訳で、外務省、これはさすがにやばいと、思ってたと思うんです。
上が総入れ替え?エリートの俺たちどこへ行く?今動かなきゃ、みたいな。

こうなったら、田中真紀子氏、他にもいますが、他の有力者にがんばってもらうか・・。でも何か大臣決まる前に外務省の敵にいろいろ手が入りそうですね。これは非常に憂うべき事態だと思います。


鈴木宗男氏の実刑確定については以下です。(共同通信より)


鈴木宗男議員の上告棄却、実刑確定へ

 衆議院議員の鈴木宗男被告(62)は官房副長官時代の98年、木材会社「やまりん」から林野庁への不正な働きかけを依頼された見返りなどあわせて1100万円のワイロを受け取ったとして受託収賄やあっせん収賄など4つの罪に問われています。

 鈴木被告は一貫して無罪を主張していましたが、一審と二審では4つの罪全てを有罪と認定した上で懲役2年の実刑判決を言い渡し、鈴木被告が最高裁に上告していました。

 最高裁は8日までに鈴木被告の上告を棄却する決定を下しました。

 懲役2年とした実刑判決が確定し、鈴木被告は近く収監される見通しです。

 また、公職選挙法と国会法の規定によって鈴木被告は衆議院議員を失職し、さらに刑期を終えてから5年間は被選挙権を失い、選挙に立候補できなくなります。(08日14:37)
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。