コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

小室直樹氏 「官僚栄えて国滅ぶ」 小室直樹氏 逝去  追悼

たまたま角栄のことがやたら気になるこのごろでしたが、ちょうど有名ブログ「ライジングサン」にあの日本有数の碩学、小室直樹氏の田中角栄論のリンクがありましたのでこちらにもリンクを張りたいと思います。
自分もちょうど思っていたことが書かれていて、偶然にしてもすごいなと思いました。

官僚栄えて国滅ぶ リンク

ただ、上記はちょっとボリュームがありましたので、個人的に読んで面白い!、核心だ!と思ったところを書き抜きします。

「金権腐敗をたたけばたたくほど、デモクラシーが逼塞し、ファシズムが台頭することに、今の未熟・未経験なマスコミ人は思いが至らない。」

「日本のマスコミは、汚職を報ずるときには、春先のどら猫のごとく喧噪をきわめる。だが、役人の横暴を伝える段になると、監督官庁を恐れるあまり、われ関せず焉。」

 「(角栄氏をして)抜く手も見せぬ議員立法。日本の進路を決める重要な法律が三十代の代議士の手によって陸続と作られていった。」

「役人は、与えられた状況の下において、与えられた法の下においてしか行動が出来ないことである。換言すれば、与えられた運命に完全服従すると言う、どうしょうもない性質を持っている。」

「ところが、政治家として一番大切なものは、運命をいかに駆使するのかと言うこと。予測することの出来ない激変に、いかに対処するかである。」

「その国王の権力から国民の権利を守ると言うプロセスが、どういう形で現れたのか。欧米人が考える場合、権利の中で最も大事なのは財産権だ。」
「だから、王様は勝手に税金を取るわけにはいかないようにすべし。これが第一。」
今の消費税議論のこの時期に示唆に溢れる言葉です。

上記のことを、ブログに書こうと思って、今小室直樹氏について改めて調べようとしたら、・・・一昨日、お亡くなりになられていたんですね。・・・大変ショックです。たいへん残念です。
心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、同じ日本人として、今までありがとうと、感謝の気持を申し上げたいと思います。そして、その業績を生かすためにも、みんなでそれを引き継いでいかねばとも思います。

それにしても、小室氏の残されたものを見てみると、本当に、驚嘆すべき足跡を残された方だと思います。田中角栄氏とともに、まさに今、この時代、再評価されることを期待します。日本の「知」のほんとうの巨星でした。ポイントをつかみ、それを分かりやすく、面白く表現する力がすごいです。

自分も恥ずかしながらこの人のすごさを知ったのは、約2年前で、最近は、「小室直樹の中国原論」「ソビエト帝国の最期」「ソビエト帝国の崩壊」などを読みました。その先見性、欲も歴史もミックスしつつ、社会のポイントをとらえる才能は、日本の宝だと思います。我々はもっと彼の本を読むべきだと思いました。

他の方も絶賛しております。

副島隆彦氏は、
「小室直樹先生は、本当の天才でした。数多い日本の学者、知識人の中で、小室直樹先生ほどの天才はいない。これからも出現しないだろう。私は、小室先生の学恩に報いるべく、自分のおしまいの日まで、小室学の学統を守ってゆかなければならないと思います。」と言っており、著書等でも常々絶賛していました。

佐藤優氏も
「小室氏の慧眼は日本の誇りである」「(小室氏の)このような洞察力は、努力の積み重ねによって得られる官僚的知性とは、本質的に異なる天賦の才に依存するのである。功利主義者の筆者は、天才の実用性を再確認した。」

「アカデミズムにおいて、小室氏は『きわもの』扱いであったが、~この人は宗教社会学にひじょうに明るく、マックス・ウエーバーだけでなく、エルンスト・トレルチも読んでいるたいへんな知識人だという印象だった。~ロシア人と議論するときに小室氏の論点が非常に役に立った。」

と言っております。みなさんも、今の日本の変化に対しても非常に参考になると思いますので、この機会にぜひ著作を読んでみましょう!

・・で、終わるところだったのですが、小室氏の逝去が新聞等で報道されていないのは、やっぱり、民主党代表選に田中角栄擁護が飛び火するのが怖いからでしょうか。とすれば、今のマスコミは何の統制下にあるんでしょう。
いい話で終わりたかったのに・・。
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。