コンテントヘッダー

昨日、集団的自衛権に抗議して行われた焼身自殺未遂について

昨日(平成26年6月29日)に新宿南口で起こりました、@ですが、三島由紀夫がどうという話がありますが(確かに事前に演説したところはにていますが)集団的自衛権の閣議決定直前、佐藤栄作首相時代の、ベトナム戦争北爆支持、訪米直前に似ているなど、さまざまなシュチュエーションを考えると、ややもすれば歴史から消されている感もありますが、下記の、由比 忠之進(ゆい ちゅうのしん)さんのことが思い出されます。

由比 忠之進(ゆい ちゅうのしん)

他に、詳細理解のため、昨日の関連記事を入れておきます。
テレビ報道では、この方が「集団的自衛権に反対した」という事実が抜かれていた と聞いています。

<集団的自衛権>反対主張の男性、焼身自殺図り重傷…新宿

新宿南口で男性が焼身自殺図る 「集団的自衛権の行使容認に反対演説後 」

由比 忠之進さんの詳細に関しては、「我が身は炎となりて―佐藤首相に焼身抗議した由比忠之進とその時代」という本が参考になります。
日本の政府も一線を越えてしまったものです。思いが深すぎて言葉も出ません。人権という考えが浸透している国際世論の方が衝撃を受けているのではと思います。

その行動には、言葉に表せないもの、価値判断を越えたものがありますが
この方の最後の一節には重いものがあります。
新宿の方もこういう心境だったのかもしれません。
しかし、こういうことが起こるとは、
日本もひどい状況になりつつあるなと思います。

(忠之進さん 遺書の最後の一節)
「戦争当事国のベトナム、米国人でない第三者のわたくしが焼身自殺するというのは、あるいは物笑いのネタかもしれないが、真の世界平和とベトナム問題の早期解決を念願する方々がわたしの死をむだにしないことを確信する」
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR