コンテントヘッダー

集団的自衛権閣議決定(?)と安倍首相の今後について

7月1日、いちおう閣議決定したそうです。
これが意味あるのかどうかはさておき(理屈から行くと無効でしょうけど)

ところで安倍総理は、アメリカの強引な命令に疲れた顔をしています。
さすがに最近「やれやれ、これでオレの役割も終わりだ。さすがに疲れたよ」のような顔しています。

集団的自衛権の大問題は、自衛隊が前面に出ることで、抑止力がむしろ低下するという点です。
後ろ盾ないままのオペレーションは、日本にとっての損失が余りに多いということです。


米軍が日本等に駐留し、それに攻撃すればアメリカも国民世論から応じざるを得ない部分も出てくる。
それを中国も意識し、刺激はするが、まだ本気では手が出せない。
(だからアメリカはB52を中国領空に飛ばしたりしています。本気度を試す意味でも。そのあとしばらく中国おとなしかったです)


しかし、自衛隊が先制攻撃、前線の対応すれば、日本対中国になるので、中国としては気兼ねせず日本を攻撃できる。
自衛隊となら全然勝てると思ってますから。人民解放軍。


日本に米人がいることが、人質的抑止になっている部分は確かにあり、
先遣隊が自衛隊オンリーになると、抑止力は低下する(なくなる)ことを考えられるかがポイントだと思います。


そんなに強くない自衛隊が前線に出ると、中国としては大変攻撃しやすくなる。
しかも自衛隊の初動のやり方を間違えると軍事発動に国際世論の理解を得られず、東アジアで孤立しうる。
まあ、防衛省なんて独立した頭脳といえるもの持っていないので、アメリカの言うままやって(言うとおりにも出来ず)、初動ミスするでしょうし、
日本の軍事発動には東アジアみんな敏感ですから。日本人が思う以上に、戦前の記憶かなり残ってますから。

そして、その場合、アメリカもこれをいいことに「我関せず」の姿勢を貫くでしょう。アメリカは、冷徹な合理性で動く国です。
その方がアメリカにとって有利に働きますから。
(他の勢力がつぶし合い、弱ればもうけもの。武器も売れるし、くらいな合理的感覚)

安倍氏は、集団的自衛権の決定が使命だったので、そろそろ石破次期総理大臣とバトンタッチかもしれません。
アメリカさんも「アベー、ヨクヤッタ。モウヤメテテイイゾ」と言ってるでしょう。ヨクヤッタヨクヤッタ。と。
まあ、安倍さんもおもしろくないと思いますが、あんなものです。

そしてその後きっと安倍首相の支持率急落し、諸事情で交代。
(総理替えるなんて簡単なものです。数字いじるだけですから)
安倍さんはどこかでしばらく保養してもらって。バイバイ。
憲法改定は次の人くらいがやる予定ですんで。
石破、小泉。

現時点でも、有事惹起すれば、戦争突入もできる。(ほんとは閣議決定は意味ないんですが)
日本で劣化ウランも盗まれたというし、今後核物質関係のテロも出てくるかも知れません。
(やっぱりこの閣議決定、無効のような・・。
盛り上げるためにも何人かで訴訟する価値はあるように思います。
そして毎度このインチキ発想はロバート・ぜーリックっぽい。あんな下品なオペレーションで。日本もなめられたものです)

今まで憲法の守護神みたいな論客たくさんいたわけですから、こういう事情を見抜いてがんばってほしいものです。
そして、なんとなくのイメージでなく、本当の抑止力を考える人にも。
(アメリカが持ってくる論理、勢いとイメージでなく、リアルに考えてほしいです。
小林よしのりなど、モロその類いですから。反米右翼ぶっても、誘導してる方向が、アメリカ寄りだし。)
日本の若者は、人を罵るのが得意な漫画家に、バカにされちゃいけないですよ。
攻撃本能と、(自分だけがなぜか真正な知識を持っているという)優越感をくすぐられて。
活字を読まない人にも、知識のインプットがしやすい媒体の漫画ですから。
とても御しやすい。
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR