コンテントヘッダー

オバマを騙してシリアへ軍事侵攻させるために、シリアで、イスラエルと、サウジアラビア、その後ろのアメリカネオコンが、サリン攻撃を行ったことについて

オバマを騙してシリアへ軍事侵攻させるために、シリアで、イスラエルと、サウジアラビア、その後ろのアメリカネオコンが、サリン攻撃を行ったことについて

下記、事実だとしたら、非常に不安定化する可能性があるので示しておきます。
ヒラリーが無理矢理大統領にでもなったら、本当に中東、ロシアなどと戦争が起こる可能性が高くなります。

アメリカは、債務引き上げが11月3日までにできない場合、またデフォルトになる可能性がありますが、その前のちゃぶ台返しの工作をしている可能性もあると考えます。
とにかく、オバマ大統領には、冷静に、対応してほしいです。正念場かも知れません。

デフォルト、

 副島隆彦の学問道場より

「1560」番  今のアメリカ政治の真の焦点である、「ベンガジ事件」での下院の特別委員会を、ヒラリーはなんとか 乗り切る。そして、シリアでのサリン爆弾の真犯人たちのこと。 2015.10.15 副島隆彦  緊急で冒頭加筆します。 10月16日 副島隆彦  

 副島隆彦です。 今日は、10月16日です。 以下の文を、私は、昨日(15日)に書いたのですが、アメリカ政治に緊急事態 (政変)が、ここ数日で起きたようだ。

 どうも、絶対に、何が何でも、ヒラリーを大統領にする、という戦争勢力、軍事凶暴派が、団結して、隠されて実行されるクーデターのような攻撃が仕掛けられたようだ。 これを、「宮廷革命」と政治歴史学用語ではいう。国民には全く知られないように、静かに「夜の軍隊(ナイト・アーミー)」が動く。政治(政府)が乗っ取られる。2012年の年末の、日本の安倍政権の誕生も、隠微なクーデター(国民政治の乗っ取り)だった。

以下省略  上記リンクを見てください。
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR