コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

安倍政権の屋台骨、日本会議について

次の7月の参院選、今度は堂々と不正選挙できないようにするためにも、みんなで投票所でかつてない列を作ること。そして、こういうことを一般国民が広く知ることが大切だと考えますので、あえて示します。

この日本会議の人々、一般の人からは信じられないと思いますが、「日本はまだ太平洋戦争に負けていない」と信じている(考えている)そうです。そりゃあ、自分の頭で考えるだけなら自由ですが。

しかし、集会を盛んに行い、今後は戦意高揚のための映画製作、上映を考えているそうで「今度も負けるはずはない!」と新たに、大陸の国々、中国などを相手に戦争をしたがっているそうです。冗談抜きで、まじで。

今上天皇もこういう考えに釘を刺すように、機会ある事に、先の大戦のような過ちは繰り返すなと。今の憲法で日本は平和に発展できたと、はっきり否定しています。

ある意味、信じてもらえないくらいの考えだから、そしてこれまでつぶされないように、マスコミにもあまり出ないようにしていたそうですが、戦前、戦後、外国でもありますが、ナチス、戦前日本の将校、関東軍などもそうですが、「冷静になって考えると、信じがたい思想を持つ組織」をナメて、あるいは認識しないからと放っておくと、案外巨大化して、国政に影響を与えてくる、というのは結構よくある話なので、国民挙げて、今のうちから本気で、注意・注目です。
だって、すぐでも戦争したがっているんですよ。それが安倍総理の支持母体なんですよ。

会員は3万人、4万人とも言われますが、国民ベースなら1000人いるうち、3人程度、探すのが至難なくらいですので、無駄に怯えず、国民がこういう存在が何をしようとしているのかをしっかり口に出すことです。
本当は、自らがメジャーではないのは知っていて、叩きつぶされたら元も子もないので、これまで隠然と動いてきたわけで。

(きっと、彼らも、これまで戦で敗れてきた人のいろんな思い、無念を背負っているかと思いますが、これでまた、「負けていない」「物量があれば勝てた」「本土決戦をやれば勝てた」などと言い張って戦争をまた、無謀に始められても、普通の国民は結局、南洋の島々で補給もちゃんとされず(日本人は「補給」という考えが弱いです。

戦後、やってきたことに向き合う勇気を持ち、しっかりと反省を言明し、不断の努力の結果、敵国条項を無効化した、ドイツが戦略的に戦後動いてきたこととは、対照的です。
太平洋戦争は、その経験者は、多くの国民は、あれは失敗だったと言います。
日本人でも、99.5%以上の国民は、先の大戦を否定しているのではないでしょうか。聞く限り、ほとんどみんなが、あれはやってはいけないと言います。
「物量があれば勝てた」「あれは負けていない。本当は勝てた」という人は、それこそ1000分の3もいるかどうか。皆さんもぜひ、戦争経験者に聞いてみてください。)

がんばり自体を否定はしませんが、それで実際、勝てるのか、国民を犠牲にしないか(彼らの言動から、いいと思ってるんでしょうが)ということです。

楽観的な観測で、戦争を始め、南洋で多くの若者がかり出され、亡くなり、日本各地の都市でも、東京、大阪の大空襲のように、一般市民まで、上空から一方的に攻撃され、これに何の道理が、と思うわけです。

何か、自分の失敗、その原因に向き合うこと、国民の命を守るという観点が欠けています。
拳を振り上げる、気勢を上げるだけでは、また敗退して、本人達だけどこかに逃げる形になると思います。

以下、過去記事です。ぜひ、今で見ていただけたらと思います。

どうも、最近日本会議関連が、もしかしたら情報統制入っているのか、リンクが切れていましたので、
内容を載せておきます。
日本会議、全国でたった3万人です。1000人に2,3人。探すはかなり難しいのではないでしょうか。
マスコミはがんばってほしいです。1000分の997人の国民の命がないがしろにされて、戦争へ行こうとしていますので。軍産利権はうまみがあると、だまされてるっぽい経団連しかり。

こういう発想がいかに無責任で、勝算がないものかは、普通の人たちがちゃんと指摘しないといけません。日本は、戦後、こういう戦略、インテリジェンスにもまれていないですから。自分の希望的観測で戦争をおっぱじめることが多いです。
(戦前も、回避しようと努力した人もいましたが、やっても勝てないよ、とあまり大きく口に出せないし)
それくらい、一般国民が油断してきた。だから今回は、ちゃんと認識して動かないといけないと思います。
とにかく、興味深い団体ですので、ぜひ、多くの人に知っていただけたらと思います。
家庭でも、井戸端でも、居酒屋でも、口に出してみることです。案外みんな知ってたりして。

杉江義浩OFFICIALブログ2015年8月12日より

彼らはその辺のチンピラ右翼みたいに制服を着て街宣活動などしません。「日本会議」。この背広を着た右翼はスマートに、いわゆるロビー活動を通して政治を牛耳っています。

国会議員全体の中で約4割、現閣僚のなんと8割を「日本会議」のメンバーが占めているのだから、影響力の大きさは、想像できるでしょう。

最近の一例を挙げると、安保法制が合憲であると唱える憲法学者を、安倍首相はわざわざ3人選んできましたが、その3人は全て「日本会議」のメンバーでした。

さらに「日本会議」は勢力が大きいだけではなく、その思想は驚くほど過激であり、歴史も長いのです。

そもそも太平洋戦争が終わって、ほとんどの日本国民は敗戦を認め、GHQの指導のもと民主主義への転向の道を歩みはじめました。

しかし一部の軍閥、財閥、明治時代の名士の子孫を始め国民の中には、どうしても日本の敗戦そのものを心理的に認めることのできなかった者もいたのです。日本は敗戦などしていない。戦前の大日本帝国に戻したい…。

そんな彼らの心の受け皿となったのが、谷口雅春の始めた初代「成長の家」でした。(代替わりして現在の「成長の家」はリベラル志向となっている)

谷口はキリスト教や神道、仏教などの伝統的宗教から新興宗教までまとめ、天皇を現人神として崇めました。

「一切は天皇より出でて天皇に帰るなり」と説き、聖戦完遂を唱えて教団を大発展させました。明治憲法復元を旗印に各界に根を広げていったのです。神社本庁、靖国神社、崇教真光、霊友会、天台宗など数多くの宗教を巻き込んで行きました。

1974年「日本を守る会」が発足しました。臨済宗円覚寺貫主・朝比奈宗源が谷口らに呼びかけて作ったものでした。

1978年には最高裁判所長官を務めた石田和外の呼びかけで「日本を守る国民会議」が発足します。こちらは財界人、学者が中心でした。

この「日本を守る国民会議」と「日本を守る会」が一緒になって1997に統一されたのが「日本会議」です。

そのネットワークの全国的広がりと構成メンバーの多彩さに驚くべきものがあります。会員は全国に約3万5000人。日本会議の地方議員連盟に属する議員は約1700人と言われます。

HPの役員名簿を見ると、石井公一郎・ブリヂストンサイクル元社長、小田村四郎・元拓殖大総長、三好達・元最高裁長官、作家の石原慎太郎氏、外交評論家の田久保忠衛氏ら各方面の著名人がずらりと並んでいます。

日本会議のHPを見ると「125代という悠久の歴史を重ねられる連綿とした皇室のご存在は、世界に類例をみないわが国の誇るべき宝」であり

「皇室を中心に、同じ歴史、文化、伝統を共有しているという歴史認識こそが、(中略)国の力を大きくする原動力になると信じています」とあります。

さらに「美しい日本の再建」をうたっています。「再建」というからには過去に「美しい日本」があったということを前提にしているわけで、それが大日本帝国であることは間違いないでしょう。

そんなアナクロニズムな発想をする国民は少数でしょう。天皇陛下ご自身だって大日本帝国の復活など望んでおられないと思います。大きく言いますが、結局南洋の島々では、人力で武器を担ぎ、食料も来ず、あまり戦略的とは言えない形でやっていましたから。
陶酔と現実は違います。そして日本はあまりこのことに戦後向き合わないで隣国と不調和を維持してきました。

皮肉なことですが、僕は現安倍政権が独裁するくらいなら、陛下直々に采配したほうがマシ、だと思うくらい現状を憂いているのですが。

それはともかく、まさに安倍政権の背後にある巨大思想集団「日本会議」について、海外のマスコミはよく取り上げますが、日本のマスコミはさっぱり取り扱わないのはなぜでしょう。

宗教のタブーを感じるのはわかるけど、ここまで直裁的に政治に関与している団体なのですから、もっと日本のマスコミも取り上げるべきだと思います。

うかうかしていると安保法制だけではなく、改憲、それも大日本帝国憲法の時代にタイムスリップするような方向へ、私たちの国が向かい始める可能性があるように思います。

「日本会議」の主張がすべて間違っているとは言いませんが、「美しい日本」という言葉のムードに流されぬよう、注目していく必要があるでしょう。

もちろん僕は大日本帝国憲法より、今の民主主義と平和主義の日本国憲法のほうが、はるかに優れていると思います。

「日本会議」は第二次世界大戦を侵略とは考えず、正義の戦いだったとしますが、本当の意味で「美しい日本」にするには、過去に「美しくない日本」もあった歴史を真摯にみつめることのほうが必要なのではないでしょうか。

記事以上
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

拝読しました。2005年10月25~26日キャピトル東急で日中戦争をどのようにして突入させるかを次期総理の安倍や民主党前原(妻は在日創価学会員のパソナ元秘書)等で話し合ったそうです。カナン人=フェニキア人=ローマ元老院=ベニスの商人の末裔である悪魔崇拝者達が、創世記からの彼らの悲願であるNWO=世界政府=地球規模の人間奴隷牧場を創る為、日独中露を経済戦争、情報戦争、愚民化、道徳低下等で国力を低下させ、奨学金で借金を負った若者を戦地に送り込み殺し、移民を大量に入れて犯罪を増やし、国を内部から破壊しているとしか思えません。日本会議は、GHQが作った神宮本庁が母体ですが、伊勢神宮や宇佐神宮や宗像大社等を傘下にしています。地元の宇佐神宮の世襲宮司を追い出した後、非常に頻回に強制的に寄付を集めさせられます。部落の班長に区長が「班員が買わなければ班長が全部買う様に!!と押し付けられるのです
<`ヘ´>必死で戦費をかき集めているとしか思えません。

No title

ありがとうございます。

本当の、神道の人たちはそれでいいのでしょうかね。
GHQが徹底的に骨抜きにして、入れ替わった様子が分かります。

あのGHQの統治に疑問を感じている人は、日本会議をしっかり認識していくべきですし、

過去の大戦は、やっぱりはめられた、日本海軍などの傀儡によって進められた、また戦を起こしてはますます骨抜きにされてしまうこと、

などを、本当の保守なら、小手先のイケイケ論、不安論に惑わされず、あの頃のように騙されず動いてほしいです。

知っている人が広めて、一般常識とし、対象化すべき時期ですね。

ありがとうございます。
このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。