コンテントヘッダー

植草一秀先生の貴重な情報 参院選でいかに戦うか その3

以下記事その3
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-0950.html

(次の7月の参院選について)この条件を満たす日程は、6月23日公示、7月10日投開票である。
投票率の引下げを狙う場合には、7月17日および7月24日の投票日設定も考えられるが、露骨な低投票率狙いは批判の対象になる。
7月10日の投開票日設定は、梅雨のさなかの投開票日になるため、低投票率を希望していると見られる安倍政権は、この日程を選択する可能性が高いと思われる。

憲法を無視する安倍政権は、立憲主義(政府は憲法の制約を受けること。当たり前の話です)である日本に反する存在である。
速やかに退場を実現しなければならない。
この選挙で大事なことは、安倍政権の退場を一刻も早く実現することだ。
政治体制を刷新するのは容易なことではない。
1回の参議院選挙で実現するというわけではない。
2回の参議院選挙、そして、1回の衆議院総選挙を経なければ、政治体制の刷新は実現しない。
したがって、2019年の参院選までを視界に入れて、これから実施される国政選挙3連戦に、安倍政権に対峙する勢力が3連勝する戦略を構築することが重要である。

共産党は安倍政権打倒のための共闘を呼びかけている。
これに対して岡田克也民主党代表は背を向けている。
主権者はどう対応するべきか。
「オールジャパン平和と共生」https://www.alljapan25.com/
「戦争と弱肉強食」の政治を「平和と共生」の政治に刷新するために、
政策を基軸に、党派の壁を超えて、主権者が主導して、選挙を戦うことを提案している。
原発・憲法・TPP・基地・格差
の政策について、主権者の意思に沿う候補者を、一選挙区一候補者のかたちで支援する体制の構築を目指す。宮城県議選で、民主党が凋落して共産党が躍進した。
民主党執行部が自公補完勢力の道を選択するなら、民主党は間違いなく凋落することになるだろう。
主権者は党派の壁を超えて、政策を基軸に候補者を絞り、この候補者を全面支援する。
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR