コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

首相、GPIF運用不調なら年金減額あり得るとの認識示す

こういう後出し的な発表をしているということは、影響が深刻なのだと思われます。
かんぽなど、いろいろ持って行かれそうだから、国民に早く気づけ、と言っているのかもしれません。
これらの資産を狙っているのはアメリカですから。圧力かけて。

やけくそになって、この際いろいろ発言して欲しいですが、メディア統制かかるんでしょうね。

首相、GPIF運用不調なら年金減額あり得るとの認識示す

TBS2月16日(火)0時55分

最近の株価の下落で年金積立金を運用している独立行政法人GPIFの運用損の拡大が指摘されていることに関連し、安倍総理は、長期にわたって運用が不調となれば年金の支給額を減額することもあり得るという認識を示しました。
 「GPIFこの年金のですね、運用している基金でありますけれども、想定されたその利率が得られない時には、これは法律上、別に保険料そのまま上げるってことになってませんから、給付を減額するしかないんじゃないですか」(民主党玉木雄一郎議員)

 「長いスパンの中に見て、そこでですね、これは給付に耐えるという状況にない場合はですね、当然、これは給付において調整するしか、これは道がないと」(安倍晋三 首相)

 GPIFは2014年に安倍政権の方針に沿って、国債での運用が中心だった年金の積立金を株式などの投資に振り向ける割合を増やし、現在、50%を目安に海外と国内の株式に投資していて、民主党などは「リスクが大きい」と批判しています。安倍総理は長期にわたって運用が不調となれば年金の支給額を減額することもあり得るという認識を示しましたが、「非常に長期的なスパンで見ていくわけで、ただちに年金の給付に影響が出るということではない」と強調しました。(15日21:07)
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。