コンテントヘッダー

東日本巨大震災

下記、ブログ等で載っていましたので掲載します。
とにかく、大爆発、放射線物質飛散などの情報があれば、家を密閉して、水を確保して様子を見ることになるのがとるべき方法だと思います。
特に、静岡の原発にもし爆発・飛散等あれば、風向き的に非常にあぶないので、早急に対策を取る必要があります。
なお、ヨウ化カリウムは、飲食物等から取り込んだ放射性物質に有効です。(特に子供に必要)皮膚からの被爆には有効ではありません。服用方法も、特に妊婦さんなど注意が必要です。(最後に少し服用について入れておきます)
地震等については、早く補正予算組んで、物資、燃料の供給を容易にし、地震等のノウハウのアル自民党など、各議員、各業界の協力も仰ぐべきです。今の政権は、官邸で情報を密閉していて、対応が遅くなっています。原発が加わっているとはいえ、阪神淡路島の時より物資調達等の対応が遅いです。


《放射線被爆対策マニュアル》

1.避難しない場合、窓を閉め、隙間を目張りして家屋を気密にする。
(避難される場合 2.以下をお読みください)

2.安定ヨウ素剤(ヨウ化カリウム),昆布,とろろ昆布を原子力事故の発生後には早く服用する。

3.放射能雲に巻き込まれているときとその後しばらくは、屋内でも何枚も重ねた 濡れタオルをマスクにして、直接空気を吸わないようにする。電気が使えれば空気清浄器も有効。ただし、集塵機に放射能がたまる。

4.ありとあらゆる容器に飲料水を溜める。保存食をできるだけ多く確保する。放射能雲が到着したあとは井戸水や水道の水を飲まない。性能の良い浄水器はある程度有効だが、これも浄水器自体に放射能が蓄積する。

5.放射能雲に巻き込まれている間は外出は控える。やむを得ないときには雨合羽等で装備して外出する。帰宅の際は衣服を着替え脱いだものは屋外に廃棄する。

6.雨や雪が降っているときは特別な注意が必要。雨や雪は放射能微粒子をため込むため、非常にリスクが高くなる。雨や雪のときは外出しない。

7.原発事故が起きると、真っ先に放射性ヨウ素が飛んできます。子供たちが甲状腺に多量の放射性ヨウ素を取り込む前に、安定ヨウ素剤(ヨウ化カリウム)を、と言ってきました。ところが、なかなか薬局でも安定ヨウ素剤(ヨウ化カリウム)が手に入りにくくなってきています。「食品と暮らしの安全」に、ヨウ素を昆布で摂る場合の目安が載っています。

8.此によれば原子力事故が起こった時にはすぐに昆布・とろろ昆布を一日50g食べはじめ、4日目には20gに減らすそうです。子供はこの半分。備蓄量は一人500g。昆布は古くなると酸化しますので、エージレスか何かと一緒に密封して保管しておきます。

9.原子力事故が起こったらhttp://bit.ly/hpoFiK

予防投与量としては、1日1回服用し成人でヨウ化カリウム130mg(ヨウ素として100mg)、1歳以下の乳幼児でヨウ化カリウム65mg(ヨウ素として50mg)とされ、服用期間としては、事故の影響度にもよるが、3~7日程度と考えられる。なお、ヨウ化カリウムの入手が困難である場合は、市販のルゴール液(ヨウ化カリウムとヨードを2対1の割合で水に溶かしたもの)や、ヨウ素レシチン、または、試薬のヨウ化カリウム等を使うことも可能である。
 ヨウ素の副作用としては、甲状腺障害(腺腫、機能失調)、ヨウ素アレルギー(発熱、関節痛、蕁麻疹等)、耳下腺炎等の報告があるが、一般には1回130mgのヨウ化カリウムの経口投与では、たいした副作用は発生しないとされている。しかし、食物からの摂取量が通常1日1.5mgであることからすると、被曝線量が5レム以下の場合は使用しないほうが良いとされ、逆に50レム以上の場合は積極的に使用することが望まれている。

上記服用方法は茨城県薬剤師会の薬事情報より
茨城県薬剤師会の薬事情報

それと天皇陛下が京都へ避難されたような情報が流れていますが、
正確には下記じゃないかなと思いました。某ツイッターより。おそらく、宮内庁が車を集めて避難を促したが、断ったのがほんとうのところじゃないかと。あの人ならそうするような気がします。

「天皇皇后両陛下は、京都御所への御遷座をお断りになって皇居で苦難を共にする道を選ばれ、皇居の停電も是として受け入れられ、さらには、地の神を鎮めるための二十四時間御祈祷に入っておられるという。両陛下は本当に日本と日本に暮らす人々を案じて大切にしておられるそうです」
「名前は晒せないけど信頼できそうなソースから天皇陛下情報が。やはり京都御所へのご遷座を断られ、皇居の停電も受け入れ、地の神を鎮める24時間のご祈祷に入られたそうな。陛下がご祈祷してくださってるのに、凹んでる場合じゃないねヽ(;∀;)ノ仕事頑張るヽ(;∀;)ノ」

もし、高齢ながら24時間も祈祷をされていたとすれば、その思いに感謝すべきだし、国民も一緒に祈ってもいいのかなと思いました。
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR