コンテントヘッダー

小沢一郎氏裁判 結局何が罪で問題なのか

江川紹子さんが、9月26日に判決のあった陸山会事件について、なかなか客観的と思われる分析をしていましたので、転載します。文章はこちらで少し整えています。

つねづね、江川紹子さんの諸発言からは、どんな時もちゃんと真実と不正を伝えようという姿勢を感じます。ジャーナリストの鑑だと思います。
最後の2段落は、こちらのコメントです。

参照元はこちら江川紹子氏 陸山会&西松事件での検察側の論告のまとめ

あんまりパッとしないんじゃないかな、検察の論告

 陸山会&西松事件での検察側の論告は、やはりパッとしなかった。特に陸山会事件での大久保元秘書の関与については、「…と考えられる」「…とは到底考えられない」「…はずがない」「…としか考えられない」「…と推認される」と推測に次ぐ推測(で状況証拠の間を埋める展開だった。要は証拠がないまま推測して論を展開した)。石川議員との「共謀」すらそうなのに、池田元秘書とは石川議員を介した「共謀」で、説得力はますます希薄に。
 違法な献金を隠すために嘘の記載をしたとの「動機」についても、①石川氏に5000万円を渡したとする裏付けがない、 ②小沢氏が土地購入代金として提供した4億円が不正な金であるという証明がない。
 それどころか、石川氏が水谷建設から金を受け取ったとされる時期は、小沢氏から4億円を入金した時期より後なので、小沢4億円に水谷の5000万円は入りようがない。しかも大久保氏が水谷から金を受けとったとされるのは翌年なので、土地購入の資金になりようがない。
 これで「小沢氏から借りた4億円は、その由来を公にできないものであった」と言われても、裁判所も困るだろう。いったい何のために、何期日も使って水谷関係の証人を調べたのだろうか…
 また、4億円の分散入金は小沢氏からの借り入れを隠蔽するためというが、銀行に預金すれば記録が残り、「隠蔽」にならない。「隠蔽」したければ事務所の金庫に隠しておくだろう。このように、検察のストーリーは無理や矛盾を重ねていて、取り繕いようがなくなっている、と言わざるをえない。
 ただ、これで3人とも無罪かというと、そう単純ではない。党代表選への影響を考慮して、土地購入の公表を遅らせようと本登記を意図的に翌年にずらしたことや、きちんと記録しないまま他の政治団体との間で資金の融通をしたことを、裁判所がどう判断するかは、判決を聞いてみないと分からない。
 その程度は他の政治家もやってるじゃないか、と言う向きもあるだろうが、交通違反で「なんで俺だけ。他の人もやってる」と主張しても通らないのと一緒で、代金支払いの年に報告すべしと裁判所が判断すれば、有罪になる可能性もある。
 一方、西松事件についての論告は、陸山会事件に比べれば、それなりの説得力はあった。ただ、献金していた政治団体は西松建設のダミーという検察側主張に合わない同社元総務部長の法廷証言(「政治団体がダミーとは全く思っていなかった」「事務所も会社とは別に借りて資金も別だった」)に反論しなかったのはかなり拍子抜けした。
 この元部長は検察側証人なんだし、有罪か無罪かを占ううえで、カギとなる重要証言と思うのだが…。
(了)

以上です。

要するに小沢氏は、当時の党代表選への影響配慮から、その時期に大きなお金を動かすように見せたくなかったため、土地購入にかかる本登記を翌年にずらし、記録しないまま政治団体間で資金の融通をしたから、現在もやもやした対応をしているということなんですね。
しかし、それを検察側は、「動いた金の出所が怪しい」と、変な出所ではない(証明できない)ことが分かっているのに推測して有罪にしようとしているわけで・・。
双方のやっていることの悪意の度合、政局へ与える影響、悪質性からすると、検察の方が上のような気がしますが。

実際問題として、政治家なら、これくらいの記載ずらし等は、たぶんほとんどの人がやっていると思われますので、小沢氏を有罪にするなら、他の政治家に飛び火しないように、具体的な罪状の話をせず、「どうもあやしい」という推論を基に結論を導かざるを得ないでしょう。しかしそんな問題のすり替えに裁判所が乗っかっていいのか、と思います。
建前上だとしても、日本の人権、様々のルールの砦が裁判所なわけですから。

スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR