コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

憂国の士必見 これからの日米関係とは 

「沖縄・米軍基地観光ガイド」という本について
最近、読んでよかったので紹介します。
オールカラーでこのお値段はすごいと思いました。

本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド」

矢部 宏治 (著), 須田 慎太郎 (写真)、前泊博盛(監修)

以下書いてみた書評より

今までなかった本!素晴らしい分析力

驚きの内容でした。
沖縄の基地を見ることで、日米の問題が、ペリーの時代から、日本の戦後問題まで俯瞰でき、それが筆者の卓越した洞察力、知識力で示されているという今までなかった本です。

こういうことが表で議論される時代になってきたんだなぁ、と感慨深いものがあります。
この情報は軍事専門家でも知らない人が多いのではないでしょうか。(あるいはタブー視されて触れない)
なぜ沖縄の人が平和にこだわるのか、基地問題で揉めるのかが見えてくる本です。米の戦略は単純ではありません。

沖縄の裏側で見れるきれいな写真を織り交ぜながら、なぜ右翼が親米なのか、どうして鳩山総理が普天間問題で挫折したのかなどが鋭く分析されています。

日本の安全保障、戦後を語る人には必見の視点満載で、天皇と米軍のからみ、戦後右翼の成立過程にも触れられています。(これは今の原発、メディアにもからむ問題です)

日本のエリート官僚と米軍の高官たちが、必ず月に2回会って、密約を結んでいるような現状って変ですし、安保と国内法の関係、CIAの対日戦略など、知れば知るほど、日本の戦後ってまずいよなぁと思ってしまいます。

ということで、目が覚める本で、大変おすすめです。この本がもし、日本史の副読本(まさに日本近現代史です)として出回れば、日米関係も次の深化したステージに入れるのではないかと思いました。
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。