コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

2012年アセンションについて思うこと

先日、比嘉吉丸さんの本から、普通言われるところのアセンションについて、一気にわーっと、光にになるなら、こういう現象を指すのだろうということを書きました。3次元の今のワールドの現象面で見た限り、そのような結果になることは十分考えられると思います。

また、フリーメーソンの上層部のイルミナティなどは、今のアセンションムーブメントを流布、利用して、人類の削減等を図っているように見えます。

 個人的には、やれ宇宙人が来るとか、今のまま破滅するのがみんなの幸せにつながるから、選ばれた民になりましょう、などという、やけくそ感と、自分さえ良ければ的な価値観に破滅を誘導するしかけを感じます。
 自分さえ良ければ、助かればがまかり通っていたら、いい世の中になるはずがありません。リーマンショック後の富豪が焼け太りした状況がそれを示しています。
最近見られる、利己的アセンションで言ってることは、良い私達が助かるはずだ的な、ハルマゲドン言説と意味的に同じです。
 破滅や自己利益を想定している以上、上のようなアセンションは、人類の利己的本能に訴えるようこしらえた、エセアセンションであると考えられます。

 レオ・ザガミさんの本を見ると分かるのですが、イルミナティ(という人類をコントロールする人たち)も天変地異のような現象が2012年から2019年まで起こることは昔から知っていて、それに対処せんと現在がっつり備えています。(ノルウェー政府は、上層者のために地下基地及び貯蔵庫を作りまくっている)その一方で、エセアセンションを仕掛けて、人類削減、その後自分のルールで動く世界を作りたいと考えているようです。全く、抜け目のない人たちだと思います。陰謀実行機関の実態とそのシナリオ

そして、これとは別で(天変地異を味わう中でとなりますが)、人々がこれまで自分たちを騙していた仕組みに気づき、戦争や搾取の仕組みを暴いて、これを変えようと人類が動けば、いわゆる本物のアセンションになっていくんだと思います。

 搾取の仕組みについて、ユダヤの上層部は、紀元前から人類を支配してきた儲けと支配の仕組みを持っており、(普通のユダヤ人は知らないそうです)今でも、麻薬栽培、資金を提供して戦争を起こすなどの戦争ビジネス、どう転がっても自分の取り分が増えるほぼインチキな金融工作などをしています。 
 果ては幽界、アストラル界、宇宙人や精霊を使って先端技術を獲得するなど異次元にも手を出しています。
 古代より、貴族階級・支配階級で魔術が流行るのは、こういう理由があったわけです。

 本物のアセンションがあるとすれば、気づきの早い人が、自己反省を繰り返して周りを見ると物事がよく見えるようになってそれが広がるとか、食糧備蓄にはこの方法がいいとか、気づいたことを共有し、みんなで生き残りの情報を共有していくことで始まっていくのかなと思います。

 その一方で、先ほど書きましたが、これまで人類を騙し、搾取してきたものに対峙して、これ以上騙されないように、人類レベル認識のシフトが必要になってくると思います。変化するための団結、共感などが人類に求められてくるのだろうと。

と、ふと、アセンションについて最近思ったことを書きましたが、次回、いわゆる本物のアセンションについて、昔の本ですが、説得力があるものがありましたので紹介したいと思います。
スポンサーサイト

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
検索フォーム
プロフィール

飛鳥次郎

Author:飛鳥次郎

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム
情報交換しましょう~!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。